多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カナダで日本語絵本を買う

海外で日本語絵本を購入すると
どうしても割高になります。

基本的には
日本へ帰国したときに
まとめ買いをしているのですが
やはり
息子の成長、興味にあわせて
定期的に購入したいのです。

こちらで新品の本を購入するときには
アメリカの紀伊國屋に注文しています。


数ヶ月前に
カナダで日本語中古絵本の販売をしている
ウェブサイトを発見しました。

えほんカナダ

毎週一度
新着絵本のお知らせメールを送ってもらっていました。
今回、ほしい絵本がまとまったので
初めてお取引をしました。

注文から発送まで
とても丁寧かつ迅速な対応でした。
届いた本は中古ですが
状態はとても良かったです。

ホームページの本の状態が詳細に書いてあります。

値段も中古なのでお手ごろです。

7月6日までは全品15%引きのセールをしています。

利用者が増えて
もっと商品数が増えてくれればいいなと思います。


今回購入した絵本は5冊です。
送料を含めて$36ドルほどでした。










更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014/06/27 02:18 ] 絵本 | TB(0) | CM(2)

自力読みは?ママの声がいいよ~

息子:5歳10ヶ月


絵本を息子と一緒に読むのは
とても楽しいのですが
そろそろ自分でも読めるようになってほしい・・・


と言うわけで
息子が自分でストレスなく
読めそうな絵本を買ってみました。





見開きのページのほとんどは

「さる・くる」、「さる・みる」

というように文字が4文字づつです。

それでいて言葉遊びになっていて
楽しい絵本です。

息子に読んでみてと言うと
「ママが読んだほうがいいよ~」と言いつつも
しぶしぶ自分で音読を始めました。

そして最後まで自分で読むことができました。

でも、読み終わった後で
不機嫌そうに
「ママの声がいいんだよ~」と言うので
私がもう一度読むことにしました。

以前
出かける直前に息子に
絵本を読んでと頼まれたのですが
時間がなかったので
「いいこと考えたよ」と
絵本の付属のCDを車で聞きながら行けば
いいんじゃないと息子に言ったところ


「ママの声がいいよ~」と言われたことがありました。


息子が私が絵本を読むことが好きなのは
とてもうれしいです。


もう少し大きくなったら
自分で読むことにも
自然に興味をもってくれるのかな?


息子が自然に自分で本を読むまで
強制をしないように気をつけたいと思います。


更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
[ 2014/06/26 13:45 ] 絵本 | TB(0) | CM(2)

歯が生え変わるころに読みたい本(英語、日本語)

随分前から
息子の下の歯が2本
グラグラしているのですが
中々抜けません。

今まで歯の絵本と言えば



「はははのはなし」を読んでいました。


でも、せっかく息子の乳歯が抜けそうで
歯が抜けたらどうするか?という会話が
我が家でも頻繁に出てくるようになったので
図書館でこんな本を借りてきました。





(日本語版)



世界の国々で抜けた歯をどうするか?
どうしてそうするのか?と言うことが
可愛い絵と一緒に簡潔にまとめられています。


一度に全てを読むのは大変なので
息子にとって馴染みのある国から読んでいます。


私にとっても
国によってこんなにいろいろな方法があるのか!と
勉強になっています。


息子は幼稚園や友達から
Tooth Fairyの話を聞いて
当然、自分の歯が抜けたときにも
寝るときに枕の下に抜けた歯を入れておくと
Tooth Fairy が寝ている間に抜けた歯と
1ドルを交換してくれると信じているので
カナダ方式でいきます。


更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
[ 2014/06/17 13:12 ] 絵本 | TB(0) | CM(4)

1001 Children's Books・・・(大人になるまでに読むべき1001冊の絵本と児童文学)

図書館の
今までのぞいた事がなかった本棚で
とても興味深い本を見つけました。


1001 Children's Books You Must Read Before You Grow Up」です。





世界の絵本と児童文学が
対象年齢別に紹介されています。

カテゴリーは
0歳から3歳
3歳以上
5歳以上
8歳以上
12歳以上に分けられています。

それぞれのカテゴリーは
発行年が古いものから順番になっています。


英語の作品だけではなく
世界中の作品が紹介されています。


日本の作品では
「うらしまたろう」、「桃太朗」
100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))」等が掲載されています。


各本の紹介部分には
タイトル、著者、著者の国籍、
出版社、本のテーマ、あらすじが
書いてあります。


英語やフランス語の絵本は
自分で息子が好きそうな本を選ぶのも
良いのですが
やはりこういう参考にできる本があると
とても助かります。


今までに読んだことのある絵本も
掲載されていましたが
まだまだ読んだことがないものも多いので
しばらくはこの本を参考に
英語とフランス語の絵本を
息子と読んでいこうと思っています。



更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
[ 2014/03/04 13:02 ] 絵本 | TB(0) | CM(0)

【日本語・英語】雪・冬の絵本

今までは図書館にいって
そこにある本の中から
息子が興味を持った本
季節にあった本を借りていました。

インターネットで市内全ての図書館の本を予約して
指定した図書館で受け取れると知ってからは
今までのそのときの自分たちの感覚を大切にする方法に加えて
事前にいろいろ調べてから
本を借りることができるようになりました。


こちらも随分寒くなって
そして雪も降ったので
冬や雪のお話の絵本を借りました。


まずは、日本でも有名な翻訳絵本の
英語版をインターネットで調べて
借りたものを紹介します。



雪が降ってきて喜ぶ男の子と冷めた大人たちの
対比がおもしろいです。

第4回(1998年) 日本絵本賞翻訳絵本賞受賞作品

英語版は1ページに1文なので小さな子も楽しめます。




大雪で困っている街で
トラクターのケイティーが大活躍するお話です。


息子がこの本のなかの家の絵をみて

「ちいさいおうちだ!」と言いました。




確かにどちらも
バージニア・リー・バートンの作品。
子供って良く見てますね。



(なか見!検索あります。)

雪の日の女の子の喜びが伝わってきます。
文章はとてもシンプルです。
タイトルどおり読み終わったときには
笑顔になりますよ。
日本では2013年10月に発売されたばかりなんですね。



最後はおなじみ・・・



くまのプーさん。


毎日、いろいろな絵本を楽しんでいます。


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村





[ 2013/11/29 23:02 ] 絵本 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。