多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

英語絵本読み聞かせ復活のきっかけ

しばらく前から
私から息子への絵本の読み聞かせは
ほぼ日本語の絵本だけになっていました。


息子は
ときどき英語とフランス語の絵本はおもしろくない
なんて言うことがありました。


確かに
日本語の本のほうが他の言語の本よりも
かなり上のレベルのものを読み聞かせています。
こんなに長い児童書だって読み聞かせです。



そしてこの数ヶ月間は
息子は落語にはまっていたのですが
ここ数日は
これまた半年に1度以上はやってくる
昔話ブームです。




でも、少し変化がありました。
英語絵本の読み聞かせが復活しました。


きっかけは
私が図書館で
「息子と一緒に読みたいから
ハロウィンの絵本を借りていこうか」
と言ったことからでした。


その日の夜から息子は
「ハロウィンの絵本読んで!」と言うようになり
この3日ほどは毎日2冊ずつハロウィンの絵本を読んでいます。


図書館からは4冊しか借りてこなかったので
家にあった本も出してきて読んでいます。

この数日で読んだ中で息子が一番気に入っているのが
Trick or Treat, Smell My Feet 」です。




お兄ちゃんが妹のハロウィンコスチュームを
間違えて学校へ持っていってしまうお話です。

その他読んだ本です。









せっかく息子が
英語の絵本も聞く気になっているので
また図書館へ行ってこようと思います。


更新の励みになります。
1クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
[ 2015/10/06 21:57 ] 英語絵本 | TB(0) | CM(4)

英語絵本で名作と新作

息子:6歳4ヶ月

最近、英語の絵本の読み聞かせが
増えているので
また最近読んだ英語の絵本を紹介します。


まず「シンドバッドの冒険」です。



シンドバッドの冒険は
英語の読み聞かせ絵本の中に
他の物語と一緒に入っているもので
読んだことはあったのですが
この絵本のほうが
話の詳細が書かれていて
読んでいてわくわくしてきます。


そして絵が繊細で、とても良いです!
シンドバッドがたどり着いた島が
くじらだと分かったときの場面は圧巻です。


次に紹介するのは
2014年7月に発売された
比較的新しい本です。




まず息子が表紙をみて
「My teacher is a Monster!」と
スラスラ読めたことに
びっくりしました。

物語は男の子が
「僕の先生はモンスターで困っている」
という設定で始まります。


授業中に紙飛行機を作って
飛ばした男の子は「モンスター先生」に怒られます。


休みの日に男の子は
大好きな公園に遊びに行くと
そこには「モンスター先生」がいます。


最初はぎくしゃくしていた二人ですが
男の子が風に飛ばされた先生の
帽子をとってあげたことで二人の距離が近くなります。


そして男の子のお気に入りの場所で
先生は紙飛行機を飛ばしてごらんと言います。
もう男の子には先生は
モンスターには見えません。


そして別の日に学校に行くと・・・


小学校低学年ぐらいの男の子は
すごく共感できるのではないかと思います。
息子もとても気に入っていました。


更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
[ 2014/12/17 00:22 ] 英語絵本 | TB(0) | CM(0)

笑える英語絵本:Mr.Men and Little Miss シリーズ

息子:6歳4ヶ月

1週間ほど前に図書館へ行った時に
そろそろクリスマスの絵本を!と思って
選んだ絵本に



がありました。

Mr. Muddle は毎年クリスマスの日にちを
間違えるので
今年は、毎月25日に
お友達にプレゼントをあげることにしたのですが・・・
毎回、もらった人が困ってしまうような
プレゼントをあげてしまいます。

そして、クリスマス当日は・・・
Mr.Wrongを訪ねるのですが・・・

息子は
おかしなプレゼントと
ちょっと悲しい結末に爆笑でした。


Mr.Men and Little Missシリーズは
ファーマシー等で何度も見かけていたのですが
本のサイズが小さいわりに
文字数が多いということで
今まで息子に読んであげることは
ありませんでした。


今回、Mr. Men 12 Days of Christmasを読んで
息子がもっと他の話も読んでみたいと言ったので
先週末、図書館でいろいろ借りてきました。


その中で息子が楽しんでいたものを
紹介します。







このシリーズは
キャラクターの名前と
行動が合っていて
しかもその行動が
やりすぎなところが面白いです。


笑いながら語彙が増えそうです。


しばらく我が家は
Mr.Men and Little Missブームが
続きそうです。


更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
[ 2014/12/15 12:58 ] 英語絵本 | TB(0) | CM(0)

元素図鑑を本棚に置いておくと

息子:5歳11ヶ月

もう半年ぐらい前ですが
図書館で借りた



パパがこういう本は
家にあったほうが良いと行ったので

The Elements: A Visual Exploration of Every Known Atom in the Universe」を
息子の本棚に
他の図鑑と一緒に並べてあります。

そうしておくと
たまに息子が「読んで!」と持ってきます。

もちろん内容は幼児には難しいです。

けれども写真がとてもきれいなので
息子も興味を持ってくれています。

読んであげるときは
元素の名前と息子がわかりそうな部分を読んでいます。

いつか化学を勉強するときに
少しでも役立てば良いなと思っています。


ちなみに日本語版は



日本語でも元素の名前を
息子の耳に入れたいなぁなんて思うのですが
同じ本を違う言語では読まないようにしているので
何か別の方法を考えようと思ってます。

更新の励みになります!
1クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村


[ 2014/08/01 12:23 ] 英語絵本 | TB(0) | CM(2)

栄光、転落、再生。それでも5歳から向け絵本

1001 Children's Books You Must Read Before You Grow Up」で紹介されていて
最近息子と一緒に読んだ絵本を紹介します。


The Adventures of the Dish and the Spoon」です。


マザーグースの「Hey Diddle Diddle」を
題材にしたお話です。


「Hey Diddle Diddle」を聞いた
お皿とスプーンが
牛が月の上を飛ぶ夜に旅にでます。


お皿とスプーンは
ショーを開き、とても有名になり
お金持ちになります。

お金持ちになった
お皿とスプーンは贅沢な生活をし
一文無しになります。

そしてギャングにお金を借りて
返せなくて殺されそうになり
果てには銀行強盗をしてしまいます。

お皿は逃げる途中で割れてしまい
スプーンは25年間刑務所に入ります。


どうです?
題材がお皿とスプーンじゃなかっらた
全く子供と読む話じゃないですよね(笑)

最後は
刑務所から出たスプーンとお皿が
また出会って・・・




息子の感想は
「(図書館から)借りてきてくれなくても良かった」
「お皿とスプーンがばか者すぎる」
とのこと。

けっこう笑いながら聞いていたんですけどね。


もちろん
お金が幸せを作るわけじゃないという
絵本のメッセージは伝わりませんでした。


でも毎日絵本を読んでいるで
毎回、息子が気に入るとは限りません。
好きじゃなかったときの感想を聞くのも
楽しいです。



更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村






[ 2014/03/22 01:01 ] 英語絵本 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。