多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

漢字が読めるようになると

0歳からでも漢字を覚えられると聞いて
我が家でも数年前にやってみた漢字教育ですが・・・



カードを使って
コツコツ何かを覚えることに
全く向いていない私と息子は
たまに漢字絵本を読む以外が
特になにもしていませんでした。


けれども
昨夏に叔母がくれたワークブックに
1年生で習う漢字の学習が少しあり
息子が漢字に興味を持ってくれました。

【送料無料】入学準備こくご [ 多湖輝 ]

【送料無料】入学準備こくご [ 多湖輝 ]
価格:693円(税5%込、送料込)



息子曰く

「カタカナより漢字のほうが面白い!」

とのことです。


せっかく興味を持ってくれたので
漢字だけのワークブックを購入してみました。
先に紹介したものと同じシリーズです。

【送料無料】5〜6歳 かんじ [ 多湖輝 ]

【送料無料】5〜6歳 かんじ [ 多湖輝 ]
価格:693円(税5%込、送料込)



全ページカラーで
1年生で習う漢字を学習することができます。
書く練習ではなく
シール等を使って
漢字の形を覚えることができる内容になっています。

息子はシールが好きなので
楽しんでやっています。


息子が絵本を読むときは
まだひらがなは一字一字読んでいるのですが
知っている漢字の部分になると
言葉として一まとまりで読むことができるようです。


例えばひらがなでは
「や・ま・」と読んでいるのが
漢字だと「山」と読めるわけです。


漢字が読めようになると
読める本もかなり増えると思うので
このまま漢字に興味を持ち続けてほしいなと
思っています。


更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2014/03/27 17:30 ] 幼児の漢字教育 | TB(0) | CM(2)

新・3歳児に漢字を覚えてもらう取り組み

遅くなりましたが
あけましておめでとうございます。


いろいろ更新したいことがあったのですが
年末に-30度の中で
引越しをしたりと
忙しくて中々更新できませんでした。


今年もマイペース更新となりますが
よろしくお願いします。


息子は3歳5ヶ月です。


まだ文字を読むということには
あまり興味がないのですが
しばらく前から機会があれば
漢字を見せてきました。

以前に紹介した
こちらの絵本。




そして昨年の夏に
日本に帰ったときには
オークションで石井式の漢字の絵本を
29冊買ってきました。


登龍館というところが出版している
漢字絵本です。
http://www.toryukan.co.jp/


こちらをぼちぼちと読み聞かせしては
いるのですが
気に入って何度も読んだ本に出てきた
漢字の一部は、
そのときは読めるようになっているようですが
やはり繰り返さないと
忘れてしまうみたいです。


新年の取り組みとして
実家から「日めくり」を
送ってもらいました。


毎朝、息子にめくってもらって
私が数字や曜日を指で
なぞりながら読んでいます。


消防車好きの息子は
「火」という漢字は読めるので
これは「火(ひ)だね」
火の字は火曜日(かようび)って
読むんだよ。等と教えています。


まだ成果のほどはわかりませんが
1年続けてみようと思っています。


ちなみに「日めくりに」
今日の言葉みたいなものが書いてあるのですが
息子が理解してもしなくても
とりあえず読み聞かせています。


例えば1月1日は
「1年の計は元旦にあり」
でした。


今年は漢字カルタ等も導入して
ゲーム感覚で
漢字を覚える取り組みを
してみたいなと思っています。


こちらを参考にしています。




この本のようには
なかなかできませんが
私たちのできる範囲で
やっていこうと思ってます。


更新の励みになります!
1クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
[ 2012/01/14 08:56 ] 幼児の漢字教育 | TB(0) | CM(0)

漢字を好きになれるかな?「月人石」

いろいろ試してみているのですが
息子はなかなか字に興味を持ってくれません。

何とかならないかな?と思っていたときに
この本を見つけました。




見開きのページには
片方のページに書で漢字が一文字
もう片方のページには
その漢字をあらわす写真と
谷川俊太郎さんの短い分が書いてあります。


例えば「扉」という漢字には
「こころのとびらをあけてごらん」という文と
ちょっと古めかしい扉の写真です。


息子の反応は上々です。
これで漢字を楽しむことを
覚えてくれればいいなと思います。





この本を読んで
カードなども試してはいますが
中々続いていません。

けれども本に書いてあるように
うちの息子は
漢字のほうがひらがなよりは
覚えがいいようです。


更新の励みになります。
1クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
[ 2011/11/06 06:17 ] 幼児の漢字教育 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。