多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

息子の第4の言語(スペイン語)はと言うと・・・

息子は2歳8ヶ月で
言葉の理解度は、日本語=英語、フランス語、スペイン語の順番だと思います。

「だと思います」という言い回しになってしまうのは
私が息子のスペイン語を聞く機会がほとんどないからです。

息子は昨日パパと一緒に父方の祖父母の家に遊びに行きました。
義理家では息子に息子にスペイン語で話しかけています。

帰ってきた息子に「おじいちゃんとおばあちゃんの家で何か食べてきた?」とたずねると
息子は「ガジエータ(スペイン語でクッキーの意味)」と言ったあと
すぐに「クッキー」といい直していました。

パパに父方の祖父母の話をするときは
息子は「アウェリータ(祖母)、アウェリート(祖父)」と言い
私には日本語で「おばあちゃん、おじいちゃん」と言います。

これは私がスペイン語を口に出さないということを徹底しているからだと思います。
息子がスペイン語で何か私に言ったときは
たとえ私の知っている単語でも「ママは○○分からないなぁ」と言うと
息子は何とか日本語にしようとします。
もしそれがパパと3人でいるときであれば英語にします。

言葉を混ぜないようにするのは中々大変ですが
今の時期、親が徹底してやることが大事だと思っています。


1クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
[ 2011/04/24 19:27 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。