多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

海外で日本語教育、ポジティブに妥協が必要?

息子が小学生になり
学校の宿題もあるのですが
日本語のワークブック(こどもチャレンジ等)を続けています。


息子に問題を読ませて
きちんと読めない息子にイライラする。

そして私と息子のテンションが下がる
ということがよくありました。


けれども
こうやってお互いに嫌な思いをしながら
日本語をすることに
何の意味があるのだろう?と思い
少し妥協をして
ワークの問題文は私が読むことにしました。


そうすると
息子もすらすらと問題を進めることができるし
今までよりも短い時間で
たくさんのページを進めることができるようになりました。
そして何より息子も私もイライラすることなく
楽しくお勉強ができるようになりました。


年相応に日本語を読めるようになってほしい。

だから、無理に読ませようとしていました。

でも、もう年相応にこだわるのを辞めます。

だいだい年相応って何だろう?ってことです。
日本に住んでいなくて
日本語の他に英語とフランス語を使う息子に
日本に住んでいて
日本語だけで育っている子供たちと
同じ日本語の学力を求めてはいけないですよね。


息子は相変わらず
日本や日本のものが大好きで
日本語を話すのも自然なことだと思っているようです。
これからもこの好きだという気持ちを維持できるように
楽しく息子と日本語で過ごしたいと思います。



更新の励みになります。
1クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
[ 2014/09/25 21:51 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。