多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お昼休みを自宅で過ごすということ

息子:6歳6ヶ月


こちらの学校は
お昼休みを学校で過ごすと
託児料を支払わなくてはいけません。


だからお昼休みに
一度、自宅に帰ってくるという選択肢があります。


我が家から息子の通う小学校までは
徒歩10分ほどです。
私は在宅で仕事をしているので
息子は毎日お昼休みに家に帰ってきます。
家に帰ってきますと言っても
一人で帰ってこさせるわけにはいかないので
迎えにいきます。
そしてお昼ご飯の後、また学校へ送っていきます。


息子のクラスでお昼に自宅へ帰るのは
息子の他はあと一人だけですが
見た感じでは2割弱の児童が自宅で
お昼を過ごしているようです。
お昼休みは1時間半弱あります。


私は息子を迎えに行く前に
だいたい昼食の準備をすませておきます。


家に向かって歩きながら
午前中の学校での出来事の話をします。


最近は、ほとんどなくなりましたが
学校で嫌なことがあったときなどは
私と話すことで良いガス抜きになって
午後からは機嫌を直して学校に戻れたこともありました。


お昼休みに
少し家庭学習をさせていた時期も
ありましたが
今はリラックスをする時間にしています。


息子はレゴで遊んだり
私とカードゲームをしたり
読みたい本があれば
読み聞かせの時間になることもあります。


一日中ずっとフランス語と英語で過ごすよりは
お昼に一度、日本語を使うことで
日本語の維持にも役立っていると思います。


私の一日は
細かく分けられてしまうし
冬は寒い道を
何度も歩かなくてはいけなくて
大変だなと思うことも多いです。


けれども
せっかくお昼を息子と過ごせる環境にいるので
これからも続けようと思っています。


更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/02/28 16:53 ] 小学校1年生 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。