多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小学1年生の課題:日本語からフランス語への翻訳、そして発表。

お久しぶりです。


息子の現地校の小学1年生も
3学期の中盤に差し掛かっています。


少し前に息子の学校で
遠くに住んでいて普段なかなか会えない人に
手紙を出すというプロジェクトがありました。


息子は日本のじいちゃん、ばあちゃん宛に
手紙を出しました。


学校で書いたので
もちろんフランス語です。


私の両親は
息子からの手紙を読むために
わざわざ仏和辞典を購入しました。
本当にありがたいです。


そして、このお手紙プロジェクトは
手紙を出すだけではなく
受け取った返事をクラスで発表しました。


もちろん、私の両親からの手紙は
日本語です。

息子が読めるように
ひらがなで書かれていました。



学校で発表する前に
返事をフランス語に訳さなくてはいけません。

息子は手紙の内容は理解できていても
それを訳して、ノートに書いて発表するという
作業は難しいので
私が少しお手伝いをしました。


と言っても
私のフランス語は相変わらずなので


まず、日本語の手紙を英語に訳しました。
一文、一文をシンプルなセンテンスに
することを心がけました。


それから
作った英語の文章をGoogleの翻訳機能を
使ってフランス語に訳しました。


表現や単語がおかしいところは
息子に「〇×ってフランス語でどういう風に言えばいい?」
と息子と話しながら作業をすすめました。


そしてできた訳を息子が音読して
実際にもらった手紙の内容と同じか
おかしな部分はないかを確認しました。


クラスでの発表は
とても楽しくできたようです。


手紙のなかに
「孫くんの好きな回転寿司に行こうね!」
という一文があったので
一応、回転寿司を説明する文章も用意して
おきましたが、自分の言葉で
説明できたとのことでした。


この手紙の発表をきっかけに
担任の先生やクラスメイトが
日本語に興味をもってくれたようです。


息子がクラスで日本語の先生をした話は
また次の機会に書きたいと思います。


更新の励みになります。
1クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/04/16 22:27 ] 小学校1年生 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。