多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

マルチリンガル育児に自信を与えてくれた出来事

息子:6歳9ヶ月


お久しぶりです。
日本への帰省が近づいてきて
何かと慌しくすごしています。


今日、お昼休みに息子を迎えに学校へ行くと
担任の先生が息子と一緒に私のところへきました。
こんなことは、めったにないので
何事かと少し身構えてしまいました。


先生 「息子くんがラジオ出演に選ばれました。
    昼休み中にあるので
    その日はお弁当を持ってきてもらうことになりますが
    大丈夫ですか?」


私  「はい、大丈夫ですよ。」


先生 「〇〇ちゃん(息子のクラスの女の子)が息子くんと
     一緒に出演したいと言ったんですよ。
    二人ともお話が上手だから良いことだと思います」


クラスから男女1名ずつが出演するようです。
息子によると一人が詩を読んで
もう一人がクラスで動物について話し合ったことを
話すようです。


とにかく息子は自分が選ばれたことが
とても嬉しかったようで
昼休み中浮れていました。


私も息子がフランス語で
何の問題もなく学校生活を送れていることが
確信できて、自信になりました。


我が家は
息子が2歳になる前までは
英語、日本語中心で生活をしていました。
そして息子が2言語の使い分けができたので
少しずつフランス語を使う機会を
増やしていきました。


幼稚園では、
フランス語が母国語ではない子供たちの
授業を週に1度、半年ほど受けていました。
そして担任の先生からも
もっとフランス語を使う機会を作ってくださいという
指導がありました。


1年生になってからは
フランス語について言われることは
あまりなくなりました。


息子の頑張りももちろんですが
担任の先生が
マルチリンガルや
多文化に理解のある先生だということも
とても大きいと思います。


息子が生まれたときから
フランス語を使わせておけば
良かったんだろうか?と思ったときもありました。


でも、英語、日本語、フランス語で
年相応のコミュニケーションができている息子を見て
ブレないでマルチリンガルで育ててきて良かったなと思っています。


私が子供をマルチリンガルに育てる上で大事だと思うことは
子供にその言語ができると信じさせることです。
逆に言えば、話せないとかわからないと思わせないことです。
息子は英語、日本語、フランス語は自信をもって使っています。
スペイン語は、多少は分かっているようですが
自分はスペイン語はわからないと思っているので
あまり使いたがりません。


とりあえず息子と6歳の壁は越えれたと思います。


これからも言葉の悩みは続くと思いますが
そのとき、そのときで一番良いと思う方法で
マルチリンガル子育てを続けていきたいです。


更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村



[ 2015/05/30 11:13 ] 小学校1年生 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。