多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

子どもが大人の歌を聴くことについて思うこと

最近、ママ友と話題になったのが
ポップス、ロック、ダンスミュージックなどの歌詞(英語)には
子どもに使ってほしくないスラングが多いということ。


学校の友達から、あまり使ってほしくないスラングを覚えてくるという話をしていると
ママ友の1人が、娘さんがダンスを習っていて
ダンスに使う曲の歌詞にはスラングが多いのだけど
「聴いてはだめ」というわけにもいかないという話をしていました。


そのときは、スラングのなかでも下品な言葉について
そういう言葉があるというのを知るのはかまわないけれども
使ってはいけないことを教えるのが大切だという結論になりました。

少し話はズレるのですが・・・

私は、森山直太朗さんが好きで、家や車の中でよくCDを聴いています。
直太朗さんの歌は、日本語がきれいなので息子がいても何か良い言葉を
覚えてくれないかな?と期待しつつ流しています。




もちろん、歌詞の意味はまだ理解できないわけで…。
でも、それでもいいと思っています。
大人になったときに、あの歌ってこういう意味があったんだとか
ふと、気がつくこともあるのではないかと思うのです。



例えば、私が子どものときも
わけもわからずフォーク、演歌、歌謡曲など
いろいろ耳に入ってきていました。


子どものときは、よく分からなかったけど
大人になってからいい歌だなと思うものあります。
また、歌詞から大人の世界をちょっと知ることもできました。


直太朗さんの
どこもかしこも駐車場」の歌詞には

♪フラれた方は僕なのに
♪泣いていたのは君の方

という部分があります。


息子は
♪フラダンスを見たのは僕なのに
♪笑っていたのは貴方のほう


なんて替え歌を歌っていました。
「フラれた」と「フラダンス」じゃ「フラ」しか合っていないのですが…。
明るい性格の息子らしい替え歌です。


フラれるということがどいうことか分かっていない息子が
いつかそういう経験をしたときに
この歌と自分が作った替え歌を思い出して
少し癒されてくれればなんて思いました。



更新の励みになります。
1クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/12/13 13:18 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。