多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本当に現地語は学校で学べますか?

以前、10ヶ月ほど前に
多言語への思いとその変化
というタイトルで7つほど記事を書きました。


あと数ヶ月で息子が4歳になる今
また、多言語育児の方針で
悩んでいるわけです。


育児に100%正しいなんて
ないわけなのですが


最近、息子が
自分の言いたいことを
フランス語で上手く言えない姿を
見るたびに


カナダで生まれた息子に
現地語であるフランス語よりも
私の母国語である日本語を
話せるようにしてしまっている
自分が本当に正しいのか?
という疑問を感じるわけなのです。


日本語なら簡単に言えること
英語なら簡単に言えることが
フランス語では言えない。


相手の言っていることは
分かるけど
すばやく文章で答えられないから
英語で話し直されてしまう。


子供でも
かなり切ない気持ちに
なっているのかな?と
思うことがあります。


今、息子は自分は
フランス語が話せる!と
思っているので
そんなに心配することは
ないのかもしれませんが
おしゃべり好きの息子が
言いたいことを言えずに困っているのを
目の当たりにするたびに
自分のしていることに対して
疑問を感じるわけです。


今年の9月から息子は
週5日バイリンガル(英、仏)の
幼児教室に行く予定です。
この教室は
どちらかと言えば
英語を話す子供たちが集まるようなので
息子にとっては
気楽な環境だと思います。


そして、来年の9月からは
フランス語の幼稚園へ・・・・


まわりの子育て経験者からも
学校に入って
半年ほどすれば大丈夫と
よく聞くわけですが
1年に数回は
自分が息子にしていることに対して
ものすごく不安な気持ちになるのでした。


更新の励みになります。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2012/05/26 19:21 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(4)
母として
不安になりますよね。
これで良いのだろうかって…。

同じ多言語環境で育った子供でも、親の考え方や教育方針で随分違った育ち方をするものね。
どの方針が一番良いかなんて一概に言えないけれど、母としては自分の子供に一番良い環境を与えてあげたいと思いますよね。

私は現地語を学校でバイリンガル教育として学んだ場合、十分に現地語も習得できるのではないかと思います。(十分ではないかなぁ?ある程度かも?)
けれど、チョロさんの息子さんにとって日本語は、お母さんが教えてあげなければ習得できないですよね?
日本の言葉だけでなく、文化や習慣風習などもね。

ただ、日本語の上達をどの程度まで子供に求めるか…っていうのは悩みどころだけれど…。

大丈夫ですよ♪
チョロさんが息子さんに日本語を伝えたいという思いがある限り、それは間違っていないし、息子さんもフランス語ができる!!って自負する気持ちがあるのだから、1年後にはビックリするぐらいフランス語が上達していますよ♪

大丈夫よ♪
(でも、時々気持ちがブレるよね(笑))
[ 2012/06/14 11:42 ] [ 編集 ]
わかります
うちも、現地語の英語は3番目で、母(日本語)と父(H語)の方が、断然スムーズに思ったことを表現できます。英語は、言われていることがわからないことも多々あるみたいだし、発話に至っては、相手にわかってもらえないことのほうが多い。さすがに、寂しそうな顔をしたり、英語の人相手だと話をしたがらなかったりします。超おしゃべりで、Outgoingなのに。

でも、やはり少し苦労はするにしても、現地語は後々必要に迫られて習得するものだと思っていますから、今は両親の母語の基礎をしっかりつけて欲しいと思っています。

夫婦間で英語を話さざるを得ないので、時々息子も英語で会話に混ざりたがりますが、それぞれ私たちが自分の国の言葉で返事をしたりして。やっぱり、おばあちゃんたちと話ができなくなってしまうことが、一番悲しいから。

日本語を教えてくれていること、感謝こそされ、うらまれることはないと信じています。お互い、これからもがんばりましょう。

[ 2012/06/14 14:49 ] [ 編集 ]
Re: きらきら瞳さん
フランス語も、もっと話せるようになるような環境を
作ってあげることはできなかったのかな?
という疑問がやっぱりときどきでてきてしまいます。

が、やっぱり、日本語をあきらめられないですよね~。
どこまで、求めるかは本当に難しいですよね。
学校に入れば今よりも忙しくなって日本語に使える時間は少なくなるだろうし・・・

コメントを読んでやっぱり私は日本語で頑張ろう!っていう気持ちになりました。
ありがとうございます!


[ 2012/06/17 06:18 ] [ 編集 ]
Re: Mooshkaさん
Mooshkaさんの息子君も、うちの息子と言語環境が似てますよね。
うちの息子もおしゃべりなので、フランス語で言いたいことが言えない姿を見ると切なくなります。

でも、息子の語学の吸収のスピードを見ていると
学校に入ればすぐに追いつけるかな?とも思うのですが、やはり時々不安になります。

多言語環境で暮らしているMooshkaさんからのコメント励みになりました。
悩むこともあると思いますが、お互い頑張りましょう!
[ 2012/06/17 19:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。