多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本語を話すことをどう思っているのだろう?

以前にも記事(息子の言語に対する気になる発言)にしましたが


他人に何か言葉のことを
言われると
息子は必ず
「僕はフランス語が話せる」
と答えます。



この間、偶然会った知人に
「息子くん、英語話せるの?」
と聞かれました。
(実際の会話は英語です。)



それまで
初対面のためか
私の横で全く口を開かなかった息子が


突然

「I can speak English and French」

と答えました。



考えてみれば
息子の口から
日本語が話せるとか話せないという
話は一度も出たことがありません。


私も別に
日本語がどうこうという話を
することがないからかもしれません。



それとも英語、フランス語に
こだわるのは


私が息子をアクティビティに
参加させるときに
先生や担当の人に


「うちの息子は英語もフランス語も
理解できますが
英語のほうが良く話せます。」


とお知らせするのを
もしかしたら聞いていて



「ママ、そんなこと言わないでくれよー。
僕はフランス語に何の問題もないよ」


と言うことを
機会をみて私に訴えているのかも?



いずれにしても
息子が日本語に対して
どういう認識を持っているのか?
気になるところです。



いつか
日本語が話せることを
誇りに思ってくれる日が来ることを
願うばかりです。



更新の励みになります。
1クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2012/06/29 09:47 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。