多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

無理に勉強させられた言葉

ある日、バスを降りた直後に
若い女の子が
「こんにちは」と
日本語で話しかけてきました。


と言っても
日本人の女の子ではありません。


来年、日本の大学へ交換留学するために
自分で日本語を学んでいるという
女の子でした。


たぶん、バスの中で
私と息子が日本語を話しているのを聞いて
こんな機会はめったにない!と思い
話しかけてきたのだと思います。


積極的に日本語とそれから英語で
いろいろ質問してきました。
彼女が英語に切り替えた後
私も英語に切り替えてしまいましたが
あとから考えると
そのまま日本語で話してあげれば良かったかなとか
たぶん近所に住んでいるだろうから
連絡先でも聞けば良かったかなと後悔しました。

初対面にものすごく弱い私です。


「ここに住んでいる日本人は
珍しいですね」と言っていたので
たぶん、日本人の知り合いが多いわけでもなく
日本から遠く離れた場所で
自分で日本語を頑張って勉強している子に出会い
何だか嬉しくなった朝でした。


しかし奇しくも同じ日に
幼いときにポーランドからカナダへ
移民してきた友人から

小さいときにおばあちゃんから
無理やりポーランド語を
勉強させられたから
理解できるし、読み書きもできるけど
いい思い出ではない

という話を聞きました。

大人になった今では
フランス語で会話したほうが楽なので
親ともフランス語で話すと言っていました。


うーん・・・
同じ日に二人の言葉に対する対照的な姿勢を見て
やっぱり自分から学びたいと思う大切さを痛感しました。


息子が大人になったときに
日本語に対して息子が
友人のような考え方にならないように
楽しく日本語を学べる環境を作っていきたいと
改めて思いました。


更新の励みになります。
1クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2012/07/27 07:47 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(2)
初コメです♪
初めまして、airaと申します。
ブログ村からお邪魔しました^^

我が家にも2008年夏生まれの日本/カナダの男の子がいます。

我が家でも、日英言語環境で育っている息子たちの『言葉』に関しては、常に気になり、心配でもあり、楽しみでもある事の1つです。

カナダで息子と同じ年齢の男の子の子育てをされているチョロさんのブログ、とても参考になります!これからもちょくちょくお邪魔させていただきますね^^
[ 2012/07/30 10:03 ] [ 編集 ]
Re: airaさん
始めまして。
ブログへのコメントありがとうございます!

airaさんの息子君もうちの息子と同じぐらいに生まれたんですね。
言葉が話せるようになる前は、話せるようになるまでの楽しみや不安
言葉が話せるようになってからは、話せるからこその楽しみや不安がありますよね。

今後の我が家は日本語の継続が課題になっていきそうです。

不定期更新のブログですが、これからも、よろしくお願いします!
[ 2012/08/01 20:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。