多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本で息子が英語を話したら

日本滞在もあっと言う間に終わってしまいました。
私も息子もかなり満喫して帰ってきました。


これから少しの間は
日本での出来事等を中心にブログを
更新予定です。


息子は昨年よりも
もちろん日本語も英語も達者になりました。


でも英語が出てくる頻度は
昨年、日本へきたときよりも
多かったと思います。



息子と同年齢の子供達は
何も考えず息子の英語を
真似たりしていました。


小学校の中学年ぐらいになると
「えー、何語で話せばいいの?」
という反応でした。


大人は息子の英語を聞いて
「いやー、発音いいねぇ」
「すごいねー」
と言ったり・・・

印象的だったことは
私が久々に会った人たちが
息子に話しかけて
一瞬でも返事に遅れたら


「日本語わかる?」と聞かれることが
多かったです。


日本の子供だって
ほぼ初対面の人たちに話しかけられて
すぐにハキハキ返事できる子のほうが
少ないと思うのですが・・・


年齢があがるにつれて
海外に住んでいるということに
日本語以外の言語を話すということに
随分、敏感になるのだなと思いました。


いろいろな反応ありましたが
基本的には、年齢相応の日本語を息子は
理解しているようで
日本で言葉をストレスに感じることは
全く無かったようです。


私は息子が公共の場で英語を話すたびに
まわりから沢山の視線が飛んできたり


飛行機の国内線で
息子が英語を話すと
「わぁ、英語だ!」
と言う声が後ろの席が聞こえてきたり


温泉で息子の英語を聞いた
どこかのママさんが娘さんに
「〇〇ちゃんも小さいときから英語
やっておけば良かったね」
と話したりするのが聞こえてきたりして



親子英語をしている皆さんの
ブログを読んで頭にはありましたが
日本で英語を話すと
ものすごく注目されるんだなということを
改めて実感しました。


更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2012/09/04 19:40 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。