多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

息子が日本語が話せることを隠す

いつのころからか
息子は日本語が話せるということを
隠すようになってしまいました。


私としては非常にさびしい限りです。


数週間前に
近所の人を話していたときに
その方が息子に
「息子君は何語が話せるの?」
と英語で尋ねました。


そうすると息子は
「フランス語と英語、あとスペイン語」
と答えました。


近所の人が
「日本語も話せるの?」
と聞いたらものすごく焦った顔をして
話を切ってしまいました。

そしてその近所の人は割りと親日家なので
さらに息子に
「日本語教えてよ」
と言ったのですが
完全に無視をしておりました。



そして今通っている幼稚園の先生と
息子がいないときに話をしました。


私が息子の英語はどうですか?
と質問したときに
先生がこんなことを話してくれました。



「息子君に英語で話しかけても
反応しないことがあるので
家では何語で話をしているの?
と聞いたら、ママとは英語で
パパとはフランス語と言ってましたけど
本当ですか?」



うーん、全く間違いではないけど
本当でもない。



息子が英語にもフランス語にも
自信があることはいいことだと思います。



英語は歳相応だと思います。
先生に反応しなかったのは
たぶんぼーっとしていたか
あまり興味のない話だったからだと思います。


それは親が話しかけたときも同じだからです。


フランス語は
たぶん教室の中でのことは
それなりに理解できていると思います。
ただ公園でフランス語を話す子達と
遊んでいる息子を見る限り
理解していないことも沢山あるようです。


ちょっとの理解だけども
同じぐらいの年齢の子達と
すぐ打ち解けられるというのは
息子の良いところです。


話はそれてしまったので元に戻します。

息子に何で日本語を話せるって言わないの?
と聞いたときに


「日本語はママとだけ」
と答えました。


4歳児なりに
今、自分の住んでいる場所では
日本語は必要ないということを
理解しているようです。


息子は私を含め
日本語を話す人たちとは
日本語で話しています。


日本語を拒否しているわけではないので
息子が日本語を話せることを
隠そうとしたり
わざわざ言わなかったとしても
それを息子に問い詰めるようなことは
したくないのですが
やっぱり悶々としてしまいます。


ブログに記事を書いて
少しだけ気が晴れました。


更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2012/09/18 08:37 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(6)
ええ!それは、、
息子さんは言語面も社会面も発達が早くて賢いですね。今住んでいる環境では日本語は必要じゃない、しゃべれても価値ある物ではない、ということを判断したんでしょうか。他の子と同じがいい!違うと恥ずかしい!とでも思ったのかしら。
これは日本へ行った後ですか?うちもそうなる可能性があるので、チョロさんの悲しい気持ち、よくわかります。どうしたら、ポジティブに持っていけるんでしょうね。一時的なものだといいですが。

この間の4歳の予定表を読ませていただいて、理想的でバランスよく言語を考えていらして、バイリンガル幼稚園なんてうらやましいなと思っていたところでした。元気出してくださいね。

[ 2012/09/18 14:35 ] [ 編集 ]
私もそういうケースを聞いたことがあります。周囲に日本人が少ないと、あまりに少数派すぎて、もの珍しい目で見られるのがわずらわしいのかもしれませんね・・・。 
娘の担任の先生は、なにかにつけ「うちでは何語を話しているの?」「あなたは何語が話せるの?」「○○はあなたの言葉でなんと言うの?」と聞いてきます。それで娘も得意になっているようなのです。
ただ、お子さんが英語とフランス語に自信があるのは大変いいことだと思います。それにつられていずれは日本語も引っ張られていくと思いますよ! なんといってもまず学習言語がしっかりしていないと、あらゆる可能性が摘み取られてしまうと思うので。本当に悩みは尽きませんが、お互いにがんばりましょうね・・・!!
[ 2012/09/18 22:23 ] [ 編集 ]
必要性
子供って、必要性をちゃんと体で感じているんですね。
とりあえず、ママとは日本語で話すのを嫌がっているわけじゃないなら、大丈夫なのかな(^^)

自分を取り巻く環境(パパ・ママも含め)が4ヶ国語というのはなかなか大変なのでしょうけれど、途切れることなく続いていってほしいですね♪
[ 2012/09/19 12:53 ] [ 編集 ]
Re: Lilacさん
Lilacさん、ありがとうございます。

たぶん一番の原因は、パパが日本語を理解できないところで、その後に周りの子が日本語を話さないということでしょうか?その他にも、原因があるような気もするので、これはまた別の記事にしたいと思います。

これは日本へ行く前からだったのですが、日本から戻ってきてからさらに酷くなりました。
今のところ、日本も好きだし、日本語を話すことにも何の抵抗もないのですが・・・
息子のもっている隠したいという気持ちが、日本語を話すのをやめるというところにたどり着かないことを願うばかりです。

悲しんでいないで、ポジティブへ持っていけるようにいろいろ対策したいと思います!

[ 2012/09/20 18:14 ] [ 編集 ]
Re: MariaIcuiettaさん
言葉の悩みは本当につきませんね・・・。
うちの息子は、MariaIcuiettaさんが得意になるような質問は何語で聞かれてもあまり好きじゃないみたいです。別に何語、何語と意識して話していないからじゃないかと思います。これは、私が意識させないように仕向けたからでもあると思います。
いつか息子が自信を持って日本語を話せると人に言えるようになってほしいと思います。
[ 2012/09/20 18:21 ] [ 編集 ]
Re: Cassisさん
そうですね、とりあえず日本語を話すのには何の抵抗も感じていないし
日本語がわからない人の前で日本語を話すのにも特に抵抗がないようです。
とにかく「日本語を話す」ということを人に言いたくないようです。

将来的に4ヶ国語で自由にコミュニケーションを取れるようになってくれたら嬉しいです。
でも、プレッシャーにならないように気をつけていきたいです。
[ 2012/09/20 18:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。