多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

絵本読み聞かせ「名作の力!」

2歳、3歳ぐらいのころは
同じ本を何回も繰り返し読んで
と息子に頼まれることがありました。


でも今は同じ本を
一度読んだ後に
もう一度繰り返して読んでと言われることは
ほとんどありません。


英語とフランス語の本は
毎日プリスクールから借りてくるので
よいのですが
日本語の本はそうはいきません。


だからといって
毎日、新しい絵本を買うわけにもいきません。


日本語の本を買うときは
なるべく息子が長く読んでくれそうなものを
選んでいます。
手元に届いてから1週間ぐらいは毎日読みたくなるもの
その後も、しばらくしたらまた読みたくなるもの・・・



息子がけっこう長く読んでくれる本には
息子が興味のあるものの他には
やっぱり多くの人に
長い間親しまれている話があります。


その一冊が
息子が「1回死んだねこ読んで」という
この本です。




「楽天」
【送料無料】100万回生きたねこ...

【送料無料】100万回生きたねこ...
価格:1,470円(税込、送料別)




私が子供のころからあるこの絵本。
息子はまだ死ぬっていうのが
どういうことかわかっていません。

読んであげると
何度も何度も
いろいろな場面で
「何で?何で?」と聞いてきます。


いつかこの物語の意味が本当に
理解できる日がくれば嬉しいです。


更新の励みになります。
1クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2012/10/05 22:22 ] 日本語絵本 | TB(0) | CM(4)
これ、泣くわ~(ToT)
うんうん。うちもこれ、あります~。
まだ読んであげたことないけれど。
ワタシはこれを大人になってから読んだので、泣けました~(ToT)
名作ですね~。

息子さんの呼び方「1回死んだ猫」というのが・・・「ええ、まあ、たしかにね」という感じで、笑ってしまいました~
[ 2012/10/08 07:59 ] [ 編集 ]
Re: Cassisさん
私も、子供のときに読んだのかもしれないんですけど
内容は覚えていなかったので、今回息子のために購入して
改めて読んでみて、深い話だなと思いました。
やっぱり長く読まれる本には理由があるんですね。
ルルーちゃんには、もう少し大きくなってから読ませる計画ですか?
気に入ってくれたらいいですね!
[ 2012/10/08 20:35 ] [ 編集 ]
この本は、私にとって一番といっていいほどの名作なので、前回日本に帰ったときに、実家から持ってきました。
大人になってからは、いつ読んでも、読むたびに泣いてしまっていたのですが、ちょうど、私が父を亡くしたこともあり、彼に読んであげる度にも泣いてしまうので、不思議そうに私を見ています。おじいちゃんが死んでしまったことも含め、死ぬということを何か感じてくれてるかもしれません。
相変わらず、戦闘もののごっこ遊びが好きで、すぐ「死んだ」とか言うので、とても嫌なのですが。。。
[ 2012/10/09 17:31 ] [ 編集 ]
Re: mooshkaさん
mooshkaさんの息子君のように身近な方がなくなるということを経験している子は、また感じ方が随分違うかもしれないですね。mooshkaさんにとっての一番の名作が将来息子君や娘さんにとっても一番の名作になったら素敵ですよね。

うちも戦いごっこが好きで、「死んだ」とかすぐ言います。やめさせたいのですが、なかなか難しいですよね。
[ 2012/10/10 20:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。