多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いのちをありがとう。

この夏、日本へ帰国したときに
息子と一緒に鮭の水族館へ2度行きました。


魚にえさをあげたり、触ってみたりできるので
息子はこの水族館がとても気に入りました。


せっかく切り身じゃない
生きているサケを実際に見たので
サケの一生を教えてあげようと思い
最近、この本を読みきかせました。






ピリカ、おかあさんへの旅」です。

もちろん、4歳の息子には
まだ少し難しい絵本なのですが
読み聞かせてあげると
「なんで?なんで?」と
いろいろ質問してきます。


絵だけでは実感しにくいかなと思い
サケの溯上と産卵のビデオも
一緒に見てみました。



そして先日いくらの売っている
魚屋さんに行ったので
いくらを買ってきました。


こちらではめったに食べれませんが
私も息子もいくら大好きなのです。


息子は、いくらを一粒手にとって
「これピリカ?」
(絵本に出てくるサケの名前です)
と聞いてきました。


「このいくらは
生まれる前に人間に捕まえられた
卵だから
いのちをありがとうと言って
食べるんだよ。」と説明しました。



それを聞いた息子は
目をぎゅっとつぶって
そして、手をあわせて
「合掌」していました。


その姿になんだかほっこりして
癒されました。


いのちを食べるということを
多少はわかっているのか?

ただただ昔話の真似なのか?


この息子の姿をみて
親ばかかもしれませんが
優しい男の子に育っているなと
思いました。


楽天



更新の励みになります。
1クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2012/10/13 22:10 ] 日本語絵本 | TB(0) | CM(1)
運動不足も解決!
2p66507T
ダイエット効果まであったりして(笑)
ぽっこりお腹も無くなって、さらにさらに…
http://dYQ0mn17.diet.bio-rizm.net/dYQ0mn17/
[ 2012/10/24 12:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。