多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

子供の言語を伸ばすために必要な親の語学力

息子:4歳4ヶ月


お久しぶりです。
また、更新が随分滞ってしまいました。


息子は順調に
英語、フランス語、日本語の力を
伸ばし続けています。


どんどんと
各言語の語彙を増やしています。


私と日本語を話しているときに
フランス語があまりでてくることがありませんが
やはり英語の単語がまざることは
頻繁にあります。


以前にも書いたことがあると思うのですが
私は息子が日本語に英語を混ぜた場合は
間違いだとしてきしないように
息子が言った文を日本語に言い直しています。



これからの息子が成長するにつれて
息子が発する言葉は
どんどん難しくなっていくことでしょう。


来年の9月から
フランス語の幼稚園に通い始めたら
たぶんフランス語も
もっと強くなって
会話にフランス語も混ざってくるかもしれません。


息子が日本語では聞いたことがないから
日本語で言いようがない言葉が
でてくることもあるでしょう。


そんなことを
ここ数ヶ月考えていて
行き着いた答えは
やっぱり私の日、英、仏の語学力を
磨くしかないということです。


息子が何かを日本語以外の言語で話したときに
瞬時に適切な言葉に訳す能力。



うーん。
やっぱりちゃんとした
マルチリンガルになるって大変だなぁ
と思うのです。



大人になったときに
きちんと日本語で大人の会話が出来ること
本を読むことができること
というのが私が息子につけてあげたい
日本語のレベルです。



息子にだけ押し付けないで
私も頑張ろうと思う
今日この頃なのでした。


更新の励みになります。
1クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村


関連記事
[ 2012/12/10 05:15 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(2)
私の周囲では、現地語がよくできるお母さんの子ほど日本語が弱いという傾向があるんです。が、しかし、日本語がよくできる子もいて、もちろん私もその例外を目指しています。親が毅然とした態度を見せるのが大事なんでしょうね。といっても私は今のところ、娘の言った現地語の単語は分からない、それで娘は仕方なく日本語で何とか表現しようとする、というのが現状でして。。。娘に勉強しなさいと言ったところで説得力ないので、来年は私も頑張るつもりです!!
[ 2012/12/14 20:47 ] [ 編集 ]
Re: MariaIcuietta さん
あるレベルまでは現地語がわからないほうが、日本語が伸びるのかなというような気がしています。
あるレベルというのは、MariaIcuiettaさんがコメントをくれたように、親がわからないときに、子供が日本語で何とか表現できるレベルの日本語の場合。
大きくなるにつれて、言語のバランスが崩れてきて、日本語じゃわからないということが出てきたときに
親の通訳(翻訳)能力が子供の日本語継続に役立つのでは?と考えています。
お互い頑張りましょう!
[ 2012/12/16 22:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。