多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

絵本で気がつく文化の違い

息子が一番最初に好きになった乗り物は
「バス」でした。
一歳過ぎたころから
家の前をバスが通過する音を聞いて
「バス、バス」と言うようになりました。

本当にバスが好きだったので
1歳代には、バスの種類にとても詳しくなっていました。


そんなバス好きの息子に
彼が1歳半になる前に購入したのが
ピン・ポン・バスです。



購入した当初は
息子が読み終われば「もう一回、もう一回」というので
一日に何度も、何度も読みました。


やがてバスブームは去り
しばらくこの本を読むことはありませんでした。


けれども昨日
息子が読んでと持ってきたので
読むことにしました。


自分がバス好きだったことは
全く覚えていませんでした。


この絵本の中に
このようなページがあります。


ピンポン。
おてらのまえで とまります。
「あしもとに きをつけて、
ゆっくり のってね。」
バスも うんてんしゅさんも、
ゆっくりまっています。

おばあさんが すわってから はっしゃです。



この部分を読み終わった後に
急に息子が興奮して話し始めました。


「息子の乗るバスはね~
(息子が)座る前に、出発しちゃうからね。
もうびっくりしちゃうよ。

うんてんしゅさん、ルールをしらないね。」



こちらのバスは
最後の乗客が乗った瞬間に
走り出すことが多いので
私も息子も席に着く前に
バスが走り出して
よく倒れてしまいそうになります。

私もお客さんが席についてから
発車すればいいのに!といつも思っていました。


絵本と自分の日常を比べられるようになった
息子の成長を感じたときでした。


更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2013/01/13 23:36 ] 日本語絵本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。