多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソーセージが泣いてるよ

昨日は、炒め物に使うために息子にソーセージを一口大に
ナイフを使って切ってもらいました。

私が数回見本を見せて
息子が始めてのソーセージに挑戦しました。

同じ大きさにとはいきませんでしたが
何とか切ってくれました。

切る作業をする息子は
相変わらず楽しそうです。

ソーセージを切りながら息子が一言

「息子が切って・・・、ソーセージが泣いてるよ。」

私が

「ソーセージが痛くて泣いてるの?」と聞くと

切られて痛いからソーセージが泣いているのだというようなことを
息子は言いました。

何度も、何度も、私が息子にナイフで指切ったら痛いんだよと釘を刺しているので
息子は切られる=痛いと思ってるんですね。

親ばかですが、息子の優しい気持ちに感動しました。

その後も、ソーセージを切るたびに「ソーセージが泣いてるよ」を何度か繰り返した息子。

しかし完成した料理に入っているソーセージの痛みは気にすることなく
完食していました。


息子は、まだ、まだ細かく切るには手が不器用だけど
少しずつ台所での戦力になってきていますよ。


関連記事
[ 2011/03/22 20:38 ] 台所育児 | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/03/22 21:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。