多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

具体的に良い子とは?悪い子とは?その1

息子が私の意図にそぐわない言動を
するようになってから
(うーん、2歳すぎてからでしょうか?)
私は、随分、息子を怒るようになったと思います。



でも、あるとき私は思いました。
私は、怒りすぎではないか?
そして、怒らなくてすむ方法はないだろうか?と


一日、一度も息子を怒らず
穏やかに過ごすこと。


と言うのが私の日々の目標です。
今でも達成されない日ばかりですが・・・


最近、Cassisさんの「それは子供に考えさせない」と
ものぐさハハさんの「また分からなくなった叱り方」を読んで
ぼんやりと私の息子の接し方について考えていたところでした。



私は、「子供の話にどんな返事をしてますか?」を
読んで以来、息子を褒めるときに「良い子」と言ったり
怒るときに「悪い子」と言ったりしないように
心がけています。
もちろん、感情的になって
もっと酷いことを言ってしまうときもありますが・・・(爆)



子どもの話にどんな返事をしてますか? ―親がこう答えれば、子どもは自分で考えはじめる子どもの話にどんな返事をしてますか? ―親がこう答えれば、子どもは自分で考えはじめる
(2005/10/20)
ハイム・G・ギノット、菅 靖彦 他

商品詳細を見る

(興味のある方、Amazonのなか身!検索で
読んでみてくださいね。)


極力、良い子という言葉を
使わないようにしていたはずなのに
息子が私が車を運転していることに
こんなことを言い出しました。


「まま、トイザラスに行きたい。」

「息子は、いい子だからおもちゃ買って!」



息子のいい子=おもちゃを買ってもらえる子

息子の悪い子=おもちゃを買ってもらえない子


私は息子に
「もう誕生日までおもちゃは買わないよ。」とか
「トイザラスは目に毒だから行きません。」等を
返事をしました。


とても物欲の強い息子は
これでもか、これでもかとしつこく
トイザラスへ行くことをせがんできました。

「息子は良い子だから」と・・・

普段だと、あまりのしつこさに
最後には私も不機嫌になり
息子を怒鳴りつけているところでしたが


今回の私は、とても冷静だったので
息子にこんな質問をしてみました。


「息子にとって良い子ってどういう子?」


次回に続きます。

更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村








関連記事
[ 2013/01/20 04:09 ] ママの本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。