多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幼稚園のインタビュー 結果

前回の記事のとおり
息子が9月に入園する小学校の付属の
幼稚園のインタビューがありました。
(近所の公立です。)

フランス語が母国語ではない子は
フランス語の助けがいるかどうかを
判断するためにインタビューを受けます。


フランス語のアドバイスができない
私が息子に教えたことは・・・

「笑顔で元気にあいさつ」


息子が私が言ったことを
実践してくれたおかげか
先生の息子に対する印象は
ものすごく良かったようです。


学校にしばらくすると
担当の先生が来て、
息子を連れて別室に行きました。


そして15分ほどで息子は戻ってきました。



息子は質問に対して
少しとんちんかんな答えもしたようですが
普通のクラスに入れるということでした。


一安心です。


もちろん9月までに、
フランス語を伸ばしたほうが良いとも言われました。



息子が「パパとはフランス語、ママとは英語」と
先生に言ったそうで
先生はパパに息子とフランス語だけで話すようにしてみては?と
アドバイスしていました。


初対面の先生とのインタビューで
息子は緊張したと言っていたので
たぶん普段より話せなかったようです。



フランス語環境をもう少し整えつつ
今までどおり
バランスの良い多言語環境を作っていこうと思います。


更新の励みになります。
1クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2013/02/21 16:54 ] 息子の成長 | TB(0) | CM(2)
おめでとう!!
無事に普通クラスに入れたようで、一安心ですね。いつになっても心配はつきないものなんですね。

数ヶ月前に、息子の行ってるガルデリーにも、中国人の3歳女子がやってきました。家では完全な中国語。英語も、フランス語もゼロだった環境。最初の1週間は、子ども嫌がって・・・、着いた早々、帰宅していったこともあり、大変そうでした。そんな彼女も、今ではフランス語話してます。

息子くん、そんな心配しなくても大丈夫ですよ。きっと、大丈夫です!でも、よく聞くのは、学校から配られる書類がフランス語。両親が大変だと聞きます。笑。

ところで、チョロさんは、息子くんと英語でも話すのですか?
[ 2013/02/22 11:51 ] [ 編集 ]
Re: Lubuさん
ありがとうございます!

子供は言葉の吸収が本当に早いですよね。
実は私はフランス語のことよりも
1日中フランス語環境で過ごすようになってから
どうやって歳相応の日本語と英語のレベルを保つかということを心配しています。

我が家は私で対応できないフランス語の書類は主人に・・・と思っています(汗)

私と息子は日本語がわからない人がまわりに入れば英語で話します。
あと、英語の絵本を読み聞かせしているときも
基本的には英語で話しますよ。
[ 2013/02/22 16:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。