多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロマンチックな4歳児

息子:4歳7ヶ月


家族3人での食事中の会話の流れで
息子が言いました。


「I love Mama, and
Mama's picture is always in my heart.」


何て嬉しいことを言ってくれるんだ!と感動しました。


息子はどこで
こんなロマンチックな表現を覚えてきたのか不思議です。


大人だったら
歯が浮いてしまいそうな言葉を
純粋に言ってくれているのです。


とにかく嬉しい一言でした。


にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村



関連記事
[ 2013/03/24 14:07 ] 息子の成長 | TB(0) | CM(2)
いつもながら、息子さんの言葉のセンスはすばらしいですね!

「あさえとちいさいいもうと 」、ほんと、時代ですねえ。イギリスだったら、親は逮捕、子供は即刻ソーシャルワーカーによって里子に出されちゃいますね。
私も、図書館で「お母さんが自分を置いてどこかへ行ってしまった。どうしよう!」という筋の古い絵本をみたことがあります。当時としては、普通にハッピーエンドの幼児絵本だったのでしょうね。動物キャラで、古風でかわいい絵でした。でも、ちょうど「置き去り->餓死」事件が相次いだ頃だったので、なんというかもう、「ええーっ!!!!」だったですよ。
[ 2013/03/26 09:09 ] [ 編集 ]
Re: 雪月花うさぎさん
ありがとうございます。
私も息子の発言には、いつも驚きます。たぶん、絵本とディズニーのおかけです。

イギリスだと親は、逮捕されてしまうんですね。
こちらでも日本と同じ感覚で子供を留守番させていたら、通報されたという話を聞いたことがあります。
そんなに治安が悪いわけではないですが、子供の安全を考えると、やはり家の前でも子供を一人で遊ばせておくわけにはいかないです。
「お母さんが自分を置いてどこかに行ってしまった」という話も、現実と照らし合わせると衝撃的ですよね。
もしその本を読んであげることがてきたら、息子がどんな反応をするのか興味があります。
[ 2013/03/26 22:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。