多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

算数の前に

こどもちゃれんじの
ワークブックの問題には
小学校で習う算数の基礎になると思われる
問題がでてきます。


今月の数の重点テーマは「計数・順序数」です。

数を数えたり、左から何番目、右から何番目を答える問題
そして、高さ、長さの比較の問題等があります。


例えば、2つのお皿があって
まず各お皿に飴がいくつずつ置いてあるか数えて
そのあとに、どちらのお皿にあめが多くのっているかを
答える問題があります。


息子は数を数えたり
どちらが多いかを答えるのには
そんなに苦労しません。


ワークの問題はここまでなのですが
私は息子に
二つのお皿の飴をあわせたらいくつになるかと
どちらのお皿の飴がいくつ多いかまで
考えてもらうことにしています。


初めのころは
どちらがいくつ多いかという
質問の意味を全く理解できませんでした。


それで、指を使って説明したりしていました。


それから
それぞれのお皿の飴を線で結んでみる方法を
勧めてみたこともありました。


最近、息子が自分で考え出した方法は
飴の多いほうのお皿の飴を
少ないお皿の飴と同じ数になるまで
自分の手で隠して
同じ数になったら
隠した飴の数を答えてくれます。


息子が自分で工夫をして
答えを発見する方法を見つけたことを
とても嬉しく思いました。


更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村



関連記事
[ 2013/07/12 13:29 ] 習い事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。