多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フランス語幼稚園は・・・

息子の幼稚園`(フランス語)が始まって
1ヶ月近くが過ぎました。


息子は幼稚園の出来事を
ところどころ話してくれますが
やはり全体像はイマイチよく分からないままでした。


けれども先日
PTA総会と学級懇談会があったので
学級懇談会のほうへ行ってきました。


あまりフランス語の分からない私が行っても・・・
なのですが
一応、我が家の文部大臣(笑)なので


息子の教室の前に着くと
PTA総会が終わっていなかったらしく
まだ誰もいませんでしたが
息子の担任の先生が来て
扉を開けてくれました。


二人きりだったので
あ~、何か話さないとね・・・と思い
私のありったけの
フランス語の知識を駆使して
息子の様子等を先生と少しの間話をしました。


先生によると
息子は先生の話等は理解していて
必要なことはまだ短い文だけれども
フランス語では言えるそうです。


今月の終わりからは
フランス語を第一言語(又は家庭語)としない子には
単語力の強化等のフランス語クラスが始まるそうです。


(ちなみに、この地域の幼稚園では、
フランス語が第一言語ではない子だけを集めて
普通のカリキュラムをゆっくり聞き取りやすい速さで話して
進めていくところもあります。)


息子のクラスは児童(園児?)20人中5人が
対象になるそうです。
息子の話しによると全くフランス語が分からない子は
一人だけなようです。


普段の息子の様子を見ていても
フランス語がストレスになっているということはないようです。



(ストレスになっていることが多少あるとすれば
家で自分の好きなことをして遊ぶ時間が
少なくなってしまったことでしょうか・・・)


その後、学級懇談会が無事に始まり
先生の話を1時間ほど聞きました。
(途中、いろいろ質問が出ていました。)


幼稚園の規則、1日の流れ、使用教材の説明がありました。


学習面はアルファベットや
算数の基礎になることをするようです。


体育、コンピューター、図書館の時間が
各週1日45分。


午後にお昼寝(休憩)時間が15分から20分あるそうで
本当に眠ってしまう子もいるし
ただ横になっているだけの子もいるそうです。


何のことを話しているのか
わからない部分もありましたが
息子の幼稚園での様子も少しわかり
先生の話も大筋は理解できたので
参加してよかったと思います。


11月には個人面談があるようですが
これにはパパにも行ってもらおうと思ってます。



更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

関連記事
[ 2013/09/22 20:40 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。