多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

同じ絵本をいろいろな言語で読むのってどうなのかな?

息子が1歳ぐらいのころに
「はらぺこあおむし」を日本語、英語、スペイン語で購入してみました。


日本語


英語



スペイン語



その当時は
いろいろ言語で同じ物語を読めば
世の中にはいろんな言葉があるんだよということを
息子に教えられるんじゃないだろうかと思ってやってみたことなのです。


今の息子は、あおむしとキャタピラーは同じものだとわかっているようですが
同じ時期に同じ本を違う言語で読ませるんじゃなく
少し時期をずらしてみたほうが良かったかもしれないと思っています。

息子をみていると同じ本を違う言語で読むよりも
興味のあるジャンルの違った本をそれぞれの言語で読んだほうが
言葉の発達にも文化の理解にも役立つのかなと思いました。
関連記事
[ 2011/03/29 23:41 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(6)
どうかな?
わたしも日本語と英語でこの本を読んであげていました。
なるほど~、どっちがいいんでしょうね?
うちの子たちは特にどっちが好きとかいう好みもなく、両方喜んで聞いていました。
ただ、日本語版で「りんごをひとつ食べました」っていうのは、丸ごと全部食べたみたいですよね。なんで果物に穴が開いているんだろうと不思議だったのですが、英語版を初めて読んだ時に謎が解けました。
[ 2011/03/30 14:40 ] [ 編集 ]
Re: モカきりんさん
息子もどの言語が好みということもないみたいですが、
うちの息子の場合、もう少し年齢が上がって、
各言語の違いがもっとわかるようになってから同じ本を
違う言語で読んであげたほうがいいのかなと思っています。

そうですよね、日本語版だとあおむしなのに大量にものを食べすぎた感がありますよね(笑)
翻訳の絵本だと、原版とちょっと違う部分もあるから
読み比べると新たな発見があったりしますよね。
[ 2011/03/30 17:00 ] [ 編集 ]
No title
うちも、英語版と日本語版の「はらぺこあおむし」あります。
これだけではなくって、原版が英語なら英語で、日本語なら日本語で購入するようにはしているけれど、白雪姫を初めて日本語版で読んだ時に長女が「これ、snow whiteみたい。でも、ドレスが違うー。」(違う出版社の物を読んだので)っていってたのに笑っちゃいました。
息子くんも、もう少し立てば自然に言葉の違いとか、世の中には色々な言語があるんだとか分かってくるんじゃないかな?その時の反応が楽しみですね**
[ 2011/03/30 18:53 ] [ 編集 ]
Re: さりさん
やっぱり原版を読むの大切ですよね。
娘さん、ドレスの違いに気がつきましたか!
子供って、かなり細かいところまで見てますよね。
うちの息子も、そういう違いに気がつくようになってきたら
読みきかせももっと楽しくなりそうですね。
[ 2011/04/04 19:12 ] [ 編集 ]
チョロさんのご家庭ではこの本、1歳頃で同時期に複数の言語で読まれたんですね。私は独と仏が夫の実家にあるということだったので、邦訳を買ってみたところです。まさに同じ本を違う言語で読み聞かせやってはじみようと思っていたところです。まだ5ヶ月なので、各言語のリズムを聞かせればいいかな,くらいに思っているのですが、チョロさんの”少し時期をずらしてみてもよかったかな”コメントも気になっています。別の絵本でおそらく複数言語手に入るものがあるので、少し時期をずらして読んでみる方法もやってみたいと思います。

それにしても。。原版の英語を読ませたいと思っているのですが、すでに3冊違う言語であるとどうも買う気なれず(苦笑)
[ 2013/01/10 05:02 ] [ 編集 ]
Re: うららさん
息子君は、5ヶ月なので同じ本を違う言語で読み聞かせというのもいいと思います。
でも、もし一人の人が同じ本を読む場合は、続けてではなくて、日を改めてとかのほうがいいのかなとも思います。
今は、息子が日、英、仏が理解できるようになったので、同じ本を複数の言語で購入することは、ほとんどないです。なるべく原版を読みきかせるようにしています。

私だったら、英語の原版はもう買わないで、そのお金で別な本を買うと思います(笑)
[ 2013/01/10 22:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。