多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

恐竜好きから広がる世界

息子:5歳3ヶ月。


息子は3歳代から恐竜が好きです。
もちろん、最初はただただ恐竜が好きなだけでした。


けれども今では
恐竜の性質にも興味をもっています。


息子が恐竜に興味を持ち始めたときに購入したのが
はっけんずかん きょうりゅう





「はっけんずかん」シリーズは他にも数冊持っていますが
どびら絵を開くしかけがたくさんあり
息子はとても気に入っていました。




でも、そろそろ
もう一つ上のレベルの図鑑が必要かなと
考えていたところ
恐竜 (講談社の動く図鑑MOVE)」が
私の父から息子へ送られてきました。


最新の知見が
とてもわかりやすく書かれています。
そして、DVDもとても迫力があります。


息子もとても気に入って
日々、「読んで」と持ってきます。


私自身は恐竜に詳しくないので
全く知らなかったのですが・・・
この図鑑を読んで
恐竜の分野の研究では
毎年、多くの新しい恐竜が発見されているということを知りました。


今までは息子に
古い恐竜の本を見せていたりもしたので
気をつけなくてはいけないと思いました。


先日、両親とビデオ通話をしたときに
父が息子に
「恐竜の図鑑読んでるかい?」と聞きました。

息子が
「ティラノサウルスの祖先が載ってたよ」と言いました。


すると父が
「孫くんの祖先はティラノサウルスなのか?」と言ったので


すかさず息子が
「僕の祖先はあなた(じいちゃん)でしょ!」と
パソコンの画面を指差して言ったので
両親は爆笑していました。


そして息子が
「(祖先は)じいちゃんのじいちゃんのじいちゃんの・・・」
と続けてました。


両親は息子が「祖先」の意味を理解していたことに
驚いていました。


恐竜の本や図鑑を読むと
その他の動物の進化の歴史についての話も
頻繁に出てくるので
息子は生物の進化にも興味を持ち始めているようです。



更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村



関連記事
[ 2013/11/11 12:12 ] 日本語絵本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。