多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幼児の人種差別的発言とその親の無知

息子が幼稚園で

「息子は中国人だ」と言われたそうです。


息子は
「僕は中国人」じゃないと言っても
「その目は中国人だ」と言われたと。


息子は日本人とラテン系のミックスですが
見た目はアジア系です。


息子の学校はアジア系の子は少ないです。


そんなことは関係ないのです。


ただ私が思うのは
たかが5歳か6歳ぐらいの子が
息子に君は中国人だと言うのは
本当に中国人の子が親しみを込めて言うのとは
違うと思うのです。


こちらで中国人の方が
私に中国語で話しかけてきて
私が中国人じゃないと言えば
大抵の場合、間違いを謝ってくれます。


それ以外の人種の人は
こっちが違うと言っても
日本人も中国人も似たようなもんだ的発言で
自分の意見を通そうとします。


全く持って意味不明。


だから、それは息子にその発言をした子供たちの
(息子は5人の子が言ったと言いました)
責任ではなく
普段からアジア系の人を見れば
確認もせずに
誰でも中国人だと思って発言をしている
親の世界史や地理等に関する無能さだと思うのです。
又は差別主義。


今は息子も深くは気にしていませんし
パパからも私からも
そんなこという子はほっといていいし
息子は良い血を持っているので
自分に自信を持っていればいいよと言っています。


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村


関連記事
[ 2013/11/20 23:09 ] 子育ての困った | TB(0) | CM(6)
ご無沙汰してます
偏見って次の世代に「遺伝」しますよね。
偏見を偏見と気がついていない人もいますし。
例えば幼稚園に他の国の文化を表すようなものが置いてあるかどうかでも、子どもたちの受け止め方は少し違ってきます。
「飾られてない」=「価値がない」
と思ってしまう子もいるので。
地元の文化に加えて、クラスの子の出自に関係したものがさりげなく置かれているというのは、小さいことですが大切だと感じています。

私自身、「日本人なの? 家では中華料理はよく作るの?」と質問されて、相手に悪気がなさそうなだけに、答えに窮したことがあります。(^^;
[ 2013/11/21 00:31 ] [ 編集 ]
私は、中学生の頃にヨーロッパにいたこともあるので、このことは、「嫌と言うほど」知っています!!! 子供だったら、日本とインドの区別もできてな人もいましたよ。両目を指でひっぱって、つり目にしてみせられたことだって、何度もあります。
日本語補修校の友達は、滞在が2年以上になると、もう腹も立たなくなったといっていましたが、私は人間ができてないので駄目です。

夫の親戚は、私が「日本人」だというのは知っていますが、なにかの話の折に、「で、あなたは中国語も流暢なんですよね?」と聞いたことがありましたっけ。「なんでやねん!」でしたよ!!!
同じ言語グループのヨーロッパ言語内だって、例えばフランス人が全員がドイツ語が上手なわけでもない。まして日本語と中国語は、言語学的にまったく別系統なんて、いう気にもならない。

ああ、そうそう、1997年頃、「ねえ、返還後はどうするの?」と心配してくれた人もありましたよ。(香港が中国に返還されてどうするのかと言われてもねえ...)
[ 2013/11/23 07:30 ] [ 編集 ]
通りすがりのものです。
文章を読んでいてご本人が中国人を差別しているのでは?と感じました。
間違られるのが不愉快なのはわかりますが、ご自身も中国人の方たちを見下しているのでは?
良い血をもっているので。。。という
部分で決定的ですよね。
息子さんにも中国人への偏見が伝わってしまうのでは。
そうやって、今度は息子さんが偏見を持って中国人の方々に接してしますのではないでしょうか。
[ 2013/11/23 16:29 ] [ 編集 ]
Re: shizuさん
お久しぶりです。

その他のいろいろなことと一緒で
良くないことも、親の代から子供へ受け継がれていきますよね。

> 例えば幼稚園に他の国の文化を表すようなものが置いてあるかどうかでも、子どもたちの受け止め方は少し違ってきます。
なるほど、そういうものなんですね。

自分もそうですが、ちゃんとした知識がないために、おかしな質問をしたり、されたりすることはありますよね。相手に悪気がなくて、説明すればわかってくれる人は問題ないですよね。説明しても自分の意見を変えようとしない悪意のある人が困り物です・・・
[ 2013/11/23 22:28 ] [ 編集 ]
Re: 雪月花うさぎさん
雪月花うさぎさんもいろいろあったのですね。
「両目を指で引っ張って、つり目にしてみせる」のって誰がはじめたんでしょうね?
大人になってから海外にきた私も何度かされたことがあります。
あまり気分のいいものではないですよね。

これも私の偏見かもしれませんが
一般の欧米の人たちは、アジアにどういう国があるかなんてあまり知らないですよね。
どういう言語があるかなんて、もっと知られていないなと思います。
考えてみれば私だって、全ての言葉を聞いて、これは何語と言えるわけではないので当たり前かもしれません。

スーパーマーケットで英語もフランス語もあまり話せないアジア系の人が
カスタマーサービスで何か問題があったようなのですが
お店の人が私に強気で「あなた言葉わかるんだったら助けてあげなさいよ!」と言いました。
何の疑いもなく客にどうしてそんなにえらそうにできるのか不思議でした。
[ 2013/11/23 22:41 ] [ 編集 ]
Re: 通りすがりさん
私や主人が人種に対する差別が全くないかと言えば
正直あると思います。
自分たちも散々差別されてきているので。

私自身は中国人を差別していないと思います。
そういう文章に受け取られてしまったということは
私のつたない文章のせいですね。申しわけありません。

ただ日本と中国は違う国ということは息子に伝えています。

こちらで私たちを差別する人種を差別していると思います。
主人は私とは違った別の偏見があります。

通りすがりさんからのご指摘のとおり
お互いがもっている偏見が息子に伝わらないようにというのは
そういう発言があったときにお互いに注意しあっています。

[ 2013/11/23 22:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。