多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「父」よりも「主人」がいいんだよぉ

息子の習字の先生が

「今日、息子君おもしろいことを
 言ってましたよ。」

と言いました。


えっ、一体何を言ったのかと思ったら

「(パパのことを)
 うちの主人がと言ってましたよ」

とのことでした。


後から息子に

「パパはママにとっては主人だけど
 息子にとっては主人じゃないんだよ。」

「先生にいうときは
 父と言えばいいんだよ」

と言ったら

「主人のほうがいいんだよ。
 ちちは牛の乳、牛乳みたいで
 嫌なんだよ~」

と反論されました(汗)





最近、この本を読んで
いろんな立場の人から見て
自分(人)はどう呼ばれるのか
ということに興味を持った息子だったのですが
言葉の音自体にも非常に興味があるようで・・・


とりあえず
習字の先生ぐらいにしか
言うことはないと思うので
しばらく様子を見てみようと思います。


たぶん今のうちだけでしょう。



更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2014/01/28 03:55 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。