多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カメラ片手に楽しむ絵本(英語、フランス語)




画像ではちょっとわかりにくいのですが
この絵本
男の人のくちの部分が切り抜かれて
開くと子供の顔ぐらいの大きさの穴が
絵本の真ん中に開きます。


鍋の絵の描いているページを開いて
顔を絵本の穴から出すと
顔が鍋の中にあるようにみえたり

表紙のように
口の部分が穴になっているページでは
指で歯を作ってみたり


バスケットボールのゴールのページでは
紙で作ったボールを穴に入れるゲームをしたり


迷路があったり


本当にいろいろな遊び方ができる絵本です。


息子もかなり気に入りました。
まず、いろいろなページを開いて
顔をはめて写真を撮りました。


自分の写真を見るたびに爆笑です。


それから絵本を一緒に読み始めました。
私が図書館で借りたのは
フランス語版だったので
「ママは読めないよ~」と言ったのですが
パパがいなかったので
私が息子に何度か発音を直されながら読みました(汗)



と言っても
1ページめくるたびに
本から顔を出したり
腕を出したり
ゲームをしたりしながら
とても楽しい時間を過ごすことができました。



こういう遊び心いっぱいの絵本は大好きです!
息子も想像力をかきたてられていました。



同時に同じ作家の「Press Here」も借りてきました。



こちらも遊びながら読める絵本です。

絵本の中のきいろいまるを押して
ページをめくると
きいろいまるが一つ増え
もう一回押してページをめくると
もう一つまるが増えます。


それからまるの一つをこすって
ページをめくると
まるのいろが黄色から赤にかわる


と言った具合に
絵本のなかの〇がどんどん変化しています。


この絵本も楽しみながら読めたのですが
息子が読み終わった後で


「この絵本はマジックじゃないよ
 最初から絵が描いてあるんだよ」
と言い放ったので
もう少し小さい子が読むと
もっと楽しめるのかなと思いました。


作者のHervé Tullet
このような楽しく遊びながら読める絵本を
たくさん書いているので
これからどんどん読んでみようと思っています。




日本語版は



更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

関連記事
[ 2014/02/02 13:40 ] 英語絵本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。