多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どこで日本語の本を買う?最新版

カナダで暮らしていると
日本語の書籍を買うのには
日本に住んでいるよりも
もちろんお金がかかるのです。


インターネットを通じて
同じ街に住んでいる人から
古本を売ってもらったりもしますが


やはり時には
どうしても読みたい本や
息子に買ってあげたい絵本があるのです。


カナダドルとアメリカドルがほぼ1対1で
1カナダドルが80円前後だったころは
アメリカの紀伊國屋から
注文するのがお得だったと思います。
特に100ドル以上は送料20ドルなのでお得でした。
(ただあまり多く注文すると関税がかかります。)


紀伊國屋に注文してから商品が届くまでは
数週間から1ヶ月かかります。


ただ今は1カナダドルがだいたい0.89アメリカドル。
そして1カナダドルが本日104円。
カナダのクレジットカードで買い物する私にとっては
日本から注文するのが得なのです。


ただEMSで送ってもらうとなると
送料が高くつく。


Amazon.jpは海外発送はEMSのみ。
そして手数料もかかります。


楽天は海外発行のクレジットカードが
使えないので私は注文できません。


そこでお勧めが「honto」です。
海外発送の場合の郵送方法
(EMS、SAL、船便等)を選ぶことができます。
送料の実費のみ請求されます。

ただ注文の際には
送料は表示されず
発送の知らせと一緒に
送料がわかるので
自分で注文する前に
だいたいの金額を調べておくのがいいと思います。


私は今回絵本を3冊(合計3,600円)をSAL便で
注文しました(日本の消費税は免税です)。
送料は1,680円で
注文した2日後に発送、
そして発送から10日間後には受け取りました。
関税はかかりませんでした。


SAL便はESMと違い保障はありませんが
この料金で
これだけの期間で届くのなら
お得だなと思いました。


ちなみに同じ本を
アメリカの紀伊國屋から取り寄せると
本代だけで50ドルを超えてしまうので
送料をあわせると
やはり今の為替レートだと
「honto」からSAL便又は船便が安上がりだと
いうことになりました。


同じ北米でも
アメリカの方は紀伊國屋から
注文するほうが安上がりになる場合もあると思います。


カナダから注文する場合でも
本の代金や重さによって
送料、関税等が変わってきますので
注文する際には
各オンライン書店の料金を比べてみてくださいね。


わざわざ日本から
どんな絵本を購入したかは
また今度記事にします。


更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2014/11/26 12:08 ] 日本語絵本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。