多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

6歳の日本語

息子:カナダ(小学1年生)
    日本(幼稚園年長)


日本以外の国に住んでいて
子供が学校に通い始めると
日本語が弱くなるということを
よく聞きます。


うちの息子も昨年はキンダーで
この9月からは小学1年生になりました。


今のところは
学校に通っているからと言って
日本語を話さなくなったという感じはあまりありません。


ただ1ヶ月ほど前から
日本語の疑問文を話すときに
何となく外国語訛り的なイントネーションになることが
少し気になっています。


言葉の言い間違えや
日本語にフランス語や英語が混ざったりすることも
まだ時々あります。


これは、言葉を話し始めたときからと同じ方法で


「そうだね、〇〇だね~」等と
息子が間違ったということを
本人に指摘せずに、コツコツと訂正しています。


まだ「語りかけ育児」にお世話になってます。

0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児
(2001/06/26)
サリー ウォード、Sally Ward 他

商品詳細を見る



新しい語彙を増やすための取り組みとしては


日常の会話の中に
「ことわざ」や「だじゃれ」等を
積極的に組み込んでいます。


例えば、目の前にあったものを
見つけられなかったときには

「灯台下暗しといことわざもありますから・・・」

何てことを言ったりします。

8月に日本で「ことわざ絵本」を買いました。







買った当初は、息子が全く興味をしめさず
「あー、お蔵入りかぁ」と思っていたのですが
普段の会話にことわざを入れてみるようにした成果なのか
もう2週間ほど前になりますが
毎晩、読み聞かせの時間に
「ことわざ絵本」を読むのをお願いされていました。

だじゃれといいますか
言葉遊びは



この本を参考にしたりしています。
息子もだじゃれを一生懸命作ろうとしていますが
まだ成功していません(笑)

息子は「さかさ言葉」が大好きで
いろいろな言葉を逆さから読んで楽しんでいます。
逆さから読んで
全く意味のない言葉になるのも面白いようです。




この前記事で紹介した
「百人一首」の音読も
1週間に2回ほどのペースで続けています。
現在13首まで終わりました。


こどもちゃれんじのワークブックは
以前は1日3ページ(課題)していたのですが
学校の宿題があるので
1日1から2ページに減らしました。


我が家の日本語の取り組みで
やはり一番大きいのは
絵本読み聞かせです。


毎日最低でも30分ぐらい
多い日は1時間以上です。


最近は、目覚めに1冊
読むことも多いです。


朝、絵本を読むと
すっきり起きてくれることが
多いです。


最近、息子が使った言葉で
「おぉ!」と思ったのは


何かが上手くいかなかったときに言った

「絶対絶命だ!」

ご近所さんを訪ねて留守だったときに

「何だか静まり返っているね」

私が息子の気に障ることを言ったときに

「ママ、失礼です」

等などです。


機会を見つけて
息子の英語についても
今後記事にしたいと思います。


更新の励みになります。
1クリックお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

関連記事
[ 2014/12/02 23:41 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(4)
毎日、30〜1時間も本を読み聞かせてるって、そういう時間を作くれるって凄いな。チャレンジは子供一人でやってるんですか? それにも付き合ってあげるんですか? 私も頑張らなくちゃ… 子供はすぐに大きくなり、親がつき合ってあげれる時期も、そうそう長くはないんですよね〜
[ 2014/12/03 11:57 ] [ 編集 ]
Re: ポンさん
読み聞かせは、夜は以前から習慣になっているのですが、最近は朝の1冊も習慣になりつつありますよ。
休みの日は、昼間もちょこちょこ読んだりしてます。お子さんが二人だと読みたい本も違うし大変ですよね。

うちはリビングで勉強しているので、チャレンジは問題を私が説明して、あとは息子が自分でやって、私はその間に台所仕事をしたりしています。最近はずっと付き合ってなくてもいいので少し楽になってきましたよ。
[ 2014/12/04 13:27 ] [ 編集 ]
「語りかけ育児」の否定しない、肯定しつつ訂正する、大事ですよねー。ウチの場合、私が英語担当なので「赤」と言われると"That's right. It is red!"という具合に英語育児でも使っています。
日本語の訂正はダンナにやって欲しいのですが、なかなかやってくれず、、やろうと思うときには、「そうじゃない、こう!」と真っ向否定で訂正するのです。。(ー'`ー; )
その度に、「そんな風な教え方しないでって言ったでしょうがっ。」と、私がダンナを真っ向否定。(笑)ダンナ操縦のための「語りかけ術」も必要です~。
[ 2014/12/05 15:56 ] [ 編集 ]
Re: ものぐさハハさん
なるほど、英語の場合はそういう感じで使えばいいんですね!
旦那さんに対するイライラ感わかります~。
うちの場合は、最近旦主人と息子の会話が英語になったりフランス語になったりするので
「あんたが混ぜないでよっ」と思いますが
言っても無駄だと思ってあきらめてます。
本当に主人への語り方も学びたいです(笑)
[ 2014/12/06 17:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。