多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!

Amazonで本の検索をしていたら
こんな本を見つけました。


将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!





何て本のタイトルを見つけたら
どきどきしてしまいました。


Amazonのなか見!検索を読んだだけなのですが

どうして読書が学力を伸ばすのか
効果的な読み聞かせの方法や読み聞かせの意義
どうすれば子供に読書の習慣をつけられるのか
そして、オススメの絵本、児童書が145冊
紹介されています。


せっかく日々読み聞かせをしているのだから
良い読み聞かせをしてあげたいと思い




この2冊の本を昨年読みました。


こういう本の絵本や児童書のリストを見るたびに
息子と一緒に読みたい本がどんどん増えていきます。


「将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる」も
ぜひ最初から最後まで読んでみたいと思っています。


もし読んだことがある方がいらっしゃいましたら
感想を聞かせてください。


更新の励みになります。
1クリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

関連記事
[ 2015/01/18 14:17 ] ママの本 | TB(0) | CM(2)
 私もアマゾンで見てみました・・・早速ほしいものリストに入れました!
 そういえば私も、ごく最近になって読み聞かせを怠っていることに気づきました。私の場合、自分が面白い本を読んでいる時はついさぼりがちになります(毎晩、寝付くまで隣にいて読む時が私の読書タイム!)。でも、ほんの少し前までは読んでやってたんですよ・・・私が南吉のファンなので、南吉を少しずつ。うちは今ちょうど10歳ですが、やっぱりもうちょっと続けようと思います。ドイツ語は読んでやれないので、私は日本語で読むしかないんですよね・・・。娘はドイツ語で読書の習慣がやっとついたところですが、まだまだ日本語も教えてやらないと・・・と思ったのでした!
[ 2015/01/31 15:02 ] [ 編集 ]
Re: 平川郁世さん
ついつい買いたくなってしまうタイトルですよね。

子供に親が本を読んでいる姿を見せるのも大切だって言いますよね。
うちはまだ息子の前ではなかなか落ち着いて自分の本を読むことができません。
でも最近は、私も続きが気になってしまうような
しっかりとした内容の児童書でも楽しんで聞いてくれます。
長い話を読み続けるのは、少し大変ですが充実しています。

お互い頑張りましょう!

[ 2015/02/06 13:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。