多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海外で日本語 日本語学校、補習校は?

前回は息子と漢字学習のことについて
書きました。


今回は、私が息子の日本語を
どのようにしていきたいと思っているかに関係して
日本語学校や補習校について
どう思っているかを書いてみたいと思います。


息子が自分で
日本の小学校に行ってみたいと言うまでは
体験入学に対しても積極的ではありませんでした。
それでも記事にもしたとおり
今では体験入学に対してとても良い印象を持っています。


さて、妊娠中には
息子が生まれたら、日本語学校へ通わせたり
日本語補習校に通わせようと想像していました。


しかし、息子は日本語学校や補習校には通っていません。
今後もたぶん通わせることはないと思います。
そして、これらの学校の存在を息子は知らないと思うので
自分から行きたいと言うこともないと思います。


日本語学校や補習校に行くと
個人ではなかなかできない文化体験などもできて
良いところもあると思います。


ただ日本の学校に通うことはないだろう息子を
日本語補習校に入れて
毎週土曜日が勉強の日にしてしまうというのは
現在の我が家の方針にはあわないのです。


これは日本語学校にしても同じことです。
(こちらは半日ですが)


それから、ここからが
私の本音というか
息子には全く関係のない
私の都合ですが・・・
親が運営等を手伝わなくてはいけない
習い事は絶対にしたくないということです。


人付き合いが得意なほうではないので
毎週、決まって同じグループの人たちと
何かをしなくてはいけないというのは
苦痛以外の何ものでもないわけで・・・


我が家の場合、送り迎え等に
一切主人の助けはありません。
(これはどの習い事も同じ)
息子の習い事は基本的に
我が家から半径5km以内なのです。


この私の悲観的な考えのほうが
息子が日本語の学校に通って得られる
良いことをかなり上回っているのです。


日本語を発達させるという面では
今のところ定期的に学校のお世話にならなくても
自宅での試みと習字のお稽古で足りていると思います。


しかも息子の成長にあわせての
アプローチを考えて進めていけるので
学校に行って画一的な学習をするよりも
私たちのようにマイペースな母子にはあっていると思っています。


そして私の目指している息子の日本語というのは
母国語としての日本語ではなく
継承語としての日本語なのではないかということを
最近考えるようになってきました。


この辺のことについては
また次の機会に書いてみたいと思います。


※私は日本語学校や補習校の存在を
 否定しているわけではありません。
  今、私のまわりにいろいろな犠牲を払ってまで
 通わせたいと思える場所がないだけなのかもしれないです。
  楽しんでお子さん達を通わせている方々のことは
 うらやましいなと思っています。


もし私のように外に出て行くのが
好きではない方々にとって
日本語の学校に行かなくても
子供の日本語を伸ばす方法はいろいろありますよ!
と言うことを知ってもらえればいいなと思って
この記事を書いてみました。


更新の励みになります。
1クリックお願いします!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2015/08/24 05:01 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(5)
極端な話ですが、、パソコンだスマホだのこれからの時代は、基本的な漢字が書ければ、後は読めるだけでいいんじゃないかなぁと私は思います。と言うのも、ハナコの漢字学習を見ていると、私の書き順がめちゃくちゃだという事が判明(-_-;)、それでもちゃんと生きているので問題ないかなぁ~と。
でも、子ども達は、学校で必要なので正しく覚えろと言ってますけどね。
[ 2015/08/24 13:06 ] [ 編集 ]
Re: ものぐさハハさん
私もかなり漢字の書き順を間違って覚えていると思います(汗)
息子の漢字辞典的なもので、書き順をみて「はっ!」となることが
時々ありますよ。

そうですね!パソコンやスマホで文章作る場合は
漢字が読めさえすれば、正しく変換できますね。
ただ1年生の漢字を読めるようにするにもけっこう苦労しそうなので
これから学年が上がるたびに数が増えていくことを思うと
どうなることやらと心配になってしまいます。

[ 2015/08/25 12:38 ] [ 編集 ]
こんにちは。
お久しぶりです。
中村、あらため、Kumi Nです^^

興味深く読ませていただきました。
なかなかゆっくりコメント書く時間がなくて。。

マルチリンガル子育てしてるだけでも、
すごいのに、漢字までって、
本当にハードル高いですよね。

私も、漢字は教えたいです。
まだ、うちの子たちは保育園なので、
漢字の存在すら知らないですが。。。

でも、せめて小学6年生くらいまでの漢字は
書けなくても読めてほしいですね。。
いや、書けてほしいかも。。
(やっぱり欲深いな~親って)

ちなみに、私の在韓のお友達は、
小学校4年生ですが、
任天堂DSで漢字かなり覚えてるみたいです。

そういう教育ソフトが目的で、
DSを与えてる親は多いと思います。

私は、それがきっかけてゲーム好きに
なられる恐れがあるので、
ゲーム機には小学校高学年くらいから
触れてほしいと思っているのですが、
他に楽しく続けられる漢字練習法が
見つからなかったら、
もしかしたら、与えてしまうかも。。。しれません。。

漢字の書き取りって、
本当に苦痛ですからね。。。。
(小学校の頃の居残りの辛さがよみがえる。。。)

漢字カルタとか、
そういうアナログ的な遊びで覚えるのは、
楽しいかもしれませんねっ。

あ、それから、私もアメリカに住んでいたころ、
日本語補習校に通っていました。
そこには、親の転勤で2~3年しか通わない子や、
ずっと現地に住んでいるけど、
日本語も身に着けたい子など、
日本語自体のレベルもバラバラでした。
通ったことで、とくによかったことは無いですが、
いろんな人がいるんだなーっと社会勉強にはなったと思います。
直接的な学習力アップには、週一程度では、
あまりつながらないと思います。
個人的には。

ではでは、ながながと失礼しました。
また、遊びにいま~っす!
[ 2015/09/04 12:55 ] [ 編集 ]
Re: Kumi Nさん
こちらこそ、お久しぶりです!


私自身は小学生のころ
漢字の読み書きが苦手だったので
何とか息子には苦手意識を持たせないように
取り組ませたいのですが
なかなか難しいです。


教育ソフト目的でDSというのを
私も考えていたのですが
我が家は主人が無類のゲーム好きで
息子にもシューティングゲーム的なものをを
すでに見せているので
漢字のゲームには食いついてくれないのでは?と
思っています。
息子がコンピューターで好きなゲームをできるのは
週末の1日30分と決めているのですが
その日だけは目覚ましがなくても起きれるというぐらい
すでにゲーム好きで困ったものです。


補習校の体験談ありがとうございます。
こういうお話を聞かせていただくと
行かせなくてもいいんだと心から思えます。
社会勉強は他のところでしてもらって
日本語はやはり家でコツコツやっていきます。
[ 2015/09/04 22:08 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/09/22 22:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。