多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やっぱり言語が混ざってしまっている

息子は現在2歳9月。

どんどん言葉が増えて
受け答えも上手になり
話す文も長くなってきています。

ただ最近私と話しているときに
ものすごく自然に日本語の中に
英語の単語を混ぜることがある。
まさにルー大柴さんのよう。


「ママ、これopenして!」

「足をRockにひって(hit)した。痛かったよ。」

「これhangしたい」等々


いつもという分けではないし
私以外の日本人と話しているときは
こういう話し方をしていないと思うのですが
息子がこういう文を話したときは
答える振りをしながら英語だった単語を
日本語に直しています。


逆にパパに英語で話しているときに
日本語の単語が混ざったりもします。
もちろんパパは訳せないので
息子自身にいい直させています。



息子は未就学児のための教室(週3日)に
通ってるのですが
昨日先生に
「どんどん話すようになってきているのだけど
たまに日本語やスペイン語が混ざるから
何のことを言ったのか
(そのものを)指でさしてもらったりしているよ」

私がうちでも言語が混ざってしまうのですよということを
先生に話したら

先生は「普通のことだからね。」

と言ってくれました。ひと安心。

ほとんどの子供バイリンガル又は
それ以上の言語を話す環境で
沢山の子供と接している人からの
こういう言葉はありがたいです。


更新の励みになります!クリックお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2011/05/18 19:55 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(2)
「普通のことだからね。」って言ってもらえる環境、とてもいいですね。ネットで見たり、本で読んだりするより、直接言ってもらう方がやっぱり安心、特に多くの子供を見てる人からの言葉ですからね。うらやましいですー。
[ 2011/05/18 22:36 ] [ 編集 ]
Re: ものぐさハハさん
私たちの住んでいる場所はバイリンガルは普通というような場所なのですが
さすがに4ヶ国語はあまりいないので息子の言葉については常に不安な部分があります。
だから、第3者に普通と言ってもらえたことはとてもありがたかったです。

[ 2011/05/19 16:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。