多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鏡文字問題

さて、息子がカナダで小学2年生になって
早いもので1ヶ月半ほどが過ぎました。


幼い子供が鏡文字を書くのは普通のことで
小学校に入ったら少しずつ直っていくと
言われています。


息子の鏡文字は
確かに以前に比べれば
ましになったような気もしますが
まだ頻繁に鏡文字になる文字があります。


数字は、2や5、そしてときどき3。
アルファベットは、b、c、d、f、p、q、s等です。


書き取りのテストのとき
1年生のときの先生は
鏡文字でも減点しませんでしたが
2年生の先生は
鏡文字を書いている場合は
減点です。
これで息子はけっこう点数を落としています。


息子は鏡文字を注意されるのにも
うんざりした様子もあります。


私もあまりしつこくは言いたくないのですが・・・


本当に時間が経てば直るのだろうか?と
器用に反対向きになっている文字を見て
心の中でため息をついています。


ちなみにひらがなは、「く」が鏡文字になることが
多いです。


更新の励みになります。
1クリックお願いします。



にほんブログ村
関連記事
[ 2015/10/18 14:48 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。