多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

7歳男子「かぐや姫の物語」を楽しむ

図書館で
「かぐや姫の物語」と
「千と千尋の神隠し」の
DVDを借りました。




きっかけは、
息子と一緒に音楽教室へ通う
女の子のお母さんから
「この間、日本の映画を娘と観たよ」
と話してくれて
その観た映画というのが
先に紹介した2本だったからです。


私は前からずっと「かぐや姫の物語」を
観たいと思っていたのですが
まだ息子には早いかな?と思っていました。
でも息子より1歳下の女の子が
楽しめたというのを聞いて
早速、息子と一緒に観てみることにしたのです。


ジブリのDVDは
北米版でも日本語のオリジナル音声で
観ることができます。
と言うことで、もちろん日本語で観ました。


息子は途中で飽きてしまうかな?とも
思ったのですが2時間半近く観続けました。


息子のお気に入りは
かぐや姫に仕えていた「女童」でした。
彼女が出てくるたびに
爆笑していました。


それから
「とりむしけもの♪」と歌う挿入歌が
とても気に入ったようで
頻繁に口ずさんでいました。


月に帰るかぐや姫は
天の羽衣を羽織ったら
地球での記憶は全てなくなってしまうと
言われていました。


でも、月に帰る途中で
地球を振り返り見るかぐや姫が
目に涙を溜めているのを見て
息子が


「忘れなかったんだね」と
つぶやいたので
おっ、けっこう内容を理解できているんだな
と感心しました。


でも、現実的なこととしては

「月に都なんてないよ!」と言うので

このお話の原作が書かれたのは
今から千年以上も前だということを
話しました。

それから
「お歯黒」がすごく気になったようだったので
後からお歯黒について説明しました。


私も久々にゆっくり映画を見ることができたので
楽しかったです。





「千と千尋の神隠し」は
また別の日に見ます!


更新の励みになります。
1クリックお願いします。


にほんブログ村
関連記事
[ 2015/10/26 05:03 ] DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。