多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

眠気が覚めてしまう!日本の昔話の読み聞かせ

また、またお久しぶりです。

日本へ息子と一緒に一時帰国をしていました。

日本では、毎回、いろいろな日本語の絵本を買ってきます。
今回は前にも記事にした小澤俊夫さん著『日本の昔話(1)から(5)」までを購入してきました。




1から5には、合計で301話の日本の昔話が、季節に分けられて収録されています。

この昔話の良いところは
物語りも言葉使いも
現代風にはアレンジされていないところです。

残酷なものは残酷なまま
昔話独特のブラックユーモアは
ブラックユーモアなままです。
ですから、大人もかなり楽しめます。


現在は使われていない言葉も
多く含まれていますが
なぜかとてもリズム良く読むことができます。


今回、日本に滞在している間は
ほとんど読み聞かせをしませんでした。
けれども、カナダに戻って着て
昔話好きの息子が
かなりこの日本の昔話に食いついています。

今は「日本の昔話(1)はなさかじい」を読んでいます。




息子がどれぐらい
この本が気に入っているかというと


時差ぼけで
夕方に白目を向いて夕食を食べながら
「眠すぎて食べれない」と
半泣き状態の息子が
この昔話を読んでいる間だけは
眠らずに毎日30分以上聞いています。
1話はだいたい5分から10分程度で読めるのですが
1話終わるごとに
「もう1つ」
「もう1つ」と繰り返します。


絵は少ないので
ほんとうに言葉というか
物語に引き込まれているのだと思います。


いつまでも読み続けていてもと思って
「今日はこれでおしまい」と言うと
息子はかなり不満そうながらも
3秒もしないうちに寝てしまいます。


本当に昔話の力ってすごいなと思う
今日この頃です。


更新の励みになります。
1クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村


関連記事
[ 2016/07/13 13:03 ] 日本語絵本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。