多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

脳をきたえる「じゃれつき遊び」

息子との遊びを広げようと思って購入した本です。



(以下アマゾンより抜粋)
出版社 / 著者からの内容紹介
幼児期に心とからだが興奮する全身遊び(=じゃれつき遊び)を経験しないと、大脳の発達が遅れ、キレる子、集中力のない子になる可能性が! 本書は脳科学の研究結果を図説し“家庭でできる”じゃれつき遊びを紹介しています。







抱っこやおんぶ、こちょこちょを
使った遊びが沢山紹介されています。
この本で紹介されている
「さつき幼稚園」では
毎朝30分、じゃれつき遊びをして
子供たちが集中して
先生のお話を聞けるようになったそうです。



確かヨコミネ式も
毎朝かけっこを子供たちに
させていたと思います。




子供にとって
毎日思いっきり体を動かすことは
本当に大切なんだなと
改めて思います。



私は息子が生まれた当初から
ほとんどベビーカーを使わず
抱っこ紐で外出し


息子が歩けるようになってからは
とにかく歩かせています。


でも全身運動は足りないと
思っていたので
母子のスキンシップのためにも
このじゃれつき遊びを
取り入れていこうと思っています。



そして「語りかけ育児」にも
書かれていますが





少なくとも毎日30分は
ほかの事に気を取られず
息子と向き合う時間を
作らなくてはいけないなと
改めて思ったのでした。




応援クリックよろしく
お願いします!


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村




関連記事
[ 2011/05/25 22:18 ] ママの本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。