多文化、多言語、何とか育児日記

カナダで英語、フランス語、日本語マルチリンガル子育て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

その表現は一体どこで覚えたの?

息子:7歳3ヶ月

ハロウィン翌日、私は買い物へ行く前に
今週のチラシを眺めていました。
(ここは毎週1度すべてのチラシがまとめて配達されます。)
そのチラシの1枚には何と「クリスマスツリー」。


やっとハロウィンが終わったと思ったら
もうクリスマスの話題とは・・・(汗)


私が息子に
「ハロウィンが終わったと思ったら
 もうクリスマスのちらしとは・・・
ママは寒気がしてくるよ」
と言ったら


息子が
「さすがの息子も寒気がするよ」
と返してきました。


さすがって・・・


息子はイベント大好き人間なので
それで、そんな自分でもさすがに
ハロウィンの翌日にクリスマスの話題を見るのは
震えると思ったのでしょうか?


まあ、そこまで思ってなくても
このタイミングで「さすがの息子も」という
表現を使ったことに驚いてしまいました。


更新の励みになります。
1クリックお願いします。

にほんブログ村
[ 2015/11/02 01:54 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(2)

息子の文を考える力

息子:7歳2ヶ月


チャレンジ1年生の国語の問題に
「水という字を使って文をつくりましょう」
という問題がありました。


その問いに対する息子の答え



「かわずとびこむ水のおと」



え?
水を使った文章で
すぐに思いついたのが
この文というのが
しぶすぎて必死に笑いをこらえました。


本当は自分で考えた文ではないから
不正解なのかもしれないですが


もちろん花まるをあげて
息子をほめました。


ちなみに
息子は「古池や 蛙飛び込む 水の音」を
「金明竹」という落語で覚えました。





更新の励みになります。
1クリックお願いします!


にほんブログ村
[ 2015/10/23 12:02 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(0)

鏡文字問題

さて、息子がカナダで小学2年生になって
早いもので1ヶ月半ほどが過ぎました。


幼い子供が鏡文字を書くのは普通のことで
小学校に入ったら少しずつ直っていくと
言われています。


息子の鏡文字は
確かに以前に比べれば
ましになったような気もしますが
まだ頻繁に鏡文字になる文字があります。


数字は、2や5、そしてときどき3。
アルファベットは、b、c、d、f、p、q、s等です。


書き取りのテストのとき
1年生のときの先生は
鏡文字でも減点しませんでしたが
2年生の先生は
鏡文字を書いている場合は
減点です。
これで息子はけっこう点数を落としています。


息子は鏡文字を注意されるのにも
うんざりした様子もあります。


私もあまりしつこくは言いたくないのですが・・・


本当に時間が経てば直るのだろうか?と
器用に反対向きになっている文字を見て
心の中でため息をついています。


ちなみにひらがなは、「く」が鏡文字になることが
多いです。


更新の励みになります。
1クリックお願いします。



にほんブログ村
[ 2015/10/18 14:48 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(0)

英語の読み Reading eggs 4週間の無料お試し

息子:7歳

息子の学校は
フランス語で週に1時間しか
英語の授業がありません。


それでも何とか英語を読めるようにしようと
しばらく前からReading eggsという
オンラインの英語の読みのプログラムをしています。


夏休み前までは
やったりやらなかったりで
あまり効果が感じられなかったのですが
夏休み中の1ヶ月半ほどは頻繁に取り組んだので
息子の英語の読みが
かなり上達したと思います。


と言いましても
まだまだ英語の学校に通っている子の
レベルには追いついてはいませんが
学期中も週に何度か取り組んでいけるように
したいと思っています。


息子は英語が第1言語と言っても良いと思うのですが
話すことはできても
やはり読み書きの学習は足りていません。


息子はコンピューター大好きなので
勉強と思わず取り組めるところが良いです。


今、4週間体験無料なようなので
興味のある方はぜひお試しください!

http://readingeggs.com/friends/?M=F793C662-3D58-453A-B7CB-3BA93A6B8060


更新の励みになります!
1クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村http://readingeggs.com/friends/?M=F793C662-3D58-453A-B7CB-3BA93A6B8060
[ 2015/08/31 10:52 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(2)

英語を話すからこその日本語の言い間違い

息子:7歳


息子:「ママ~、シャワーとるの?」

私: 「シャワーは、とらないでよ。壊れるから!」

息子:「そうじゃないよ(笑)」


息子はよく「シャワーをとる」と言います。
たぶん英語で「シャワーを浴びる」が
「take a shower」なので「take」を「とる」と言ってしまうんですよね。


しばらくの間、「語りかけ育児」の方法で
息子が「シャワーをとるよ」と言ったら
間違いを正すことなく
「シャワーを浴びるんだね」と言い直していたのですが
あまりにも長い間治らないので
最近、「シャワーをとる」とは言わないということを
教えて、それでもまだ「シャワーをとる」と言った場合は
この記事の最初のようなやり取りをしています。




その他にも

「転ぶ」を「落ちる」と言ったり

「冷たい」を「寒い」と言ったりします。


これらも、英語の影響だと思われます。


でも、こういうことを強く注意してしまうと
日本語が嫌になってしまう可能性があるので
落ち着いてその都度言い直しをするか
冗談を交えながら
言い方がおかしいことに気づかせています。


語りかけ育児の原則にしたがって
言い直しをして、息子がすぐに正しく言い直したときは
本人も間違えに気がついたときだと思います。


「シャワーをとる」のような場合は
本人は自分が言っていることも
正しいと思っていることが多いので
気をつけなくていかなくてはと思います。


更新の励みになります!
1クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ マルチリンガル育児へ
にほんブログ村
[ 2015/08/26 11:58 ] 言葉の発達 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

チョロ

Author:チョロ
カナダで2008年夏生まれの息子と
南米出身の主人と生活しています。
はじめての育児なので迷いながらも
息子と楽しく過ごすために、
いろいろな育児法を取り入れてます。
台所育児、語りかけ育児、
多言語育児、多文化育児・・・

コメント、アドバイス等いただけると嬉しいです。
このブログを通して、いろいろな人たちと交流できるとうれしいです。
よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。